リッチに国内線に乗った日。

日食はダージリンで!
最初はそんな話だったけど、ちょい前に大きなサイクロンがその周辺を襲い、家々や鉄道が半壊したと聞いた。もうそんな苦労する旅も嫌だし、旅マゾではない私(私たち?)はバラナシに予定変更。
ダージリンって決めてた時にデリーから飛行機で一気にダージリンに飛ぼうと思ってただけに、なぜかとっても飛行機に乗りたかった。楽したかった。

デリーのノースモーキングのコンノートプレイスのエアコン付きのお洒落なカフェで朝食を取り(でもトイレの水は全く出んかった)、空港へ向かう。あれ、国際線も国内線もお隣同士ではないか。
ってか、国内線!!インド人、君たちはずるい。
前に日本から首都であるデリーの空港に降り立った時はびっくりした。陸路でインドインした時よりカルチャーショックを受けた。世界の空港?なはずのデリーがこんなにボロとは!
それに比べ、このきれいさ、国際線。どこもかしこもピカピカだし、でかいし、フードコートの質もかなり高い。インド人はやっぱし世界に美しく見られるよりも、金持ちの中で美しい世界を作るほうが好きに違いない。

乗ったのはビールでも有名なキングフィッシャー。添乗員も美人。サービスもいい。エアインディア、ちょっとは見習って欲しい。(日本から来るときに使った。相変わらずビールを頼むとドン!と2本くれるけど)

てな感じでバラナシへ到着~!
そして、友達とも合流~!
[PR]

by mayupura | 2009-07-17 01:17 | インド

<< 熱い情熱と死から生まれる高エネルギー ダラムコット >>