「ほっ」と。キャンペーン

結婚から配偶者VISA取得までの道のり No.2

私の仕事もようやく決まり、家探しを始めた。(詳しく言うと家が決まった翌日に入籍)
職場に近く、かつ好きと思える場所・・・が見つかった。
そして引越し(5/28)
仕事のスタートは6/1。
そうかなり慌しい。。。入籍した日から毎日やることが多かったー。
賃貸の契約もいろいろ大変。ここでまた書類とかが関わってくる。

余談だけど、賃貸探しも大変だった。
やっぱりアルバイトの私と無職の外国人旦那の組み合わせは大屋さんが気に入ってくれない。
不動産屋もまず大家さんに電話して、
「アルバイトの奥さんと外国人の旦那さんと・・・・」
と連呼。落ち込むよ~

イギリス大使館での結婚証明書

予想外の手続き。
入国管理局に確認の電話をすると、「イギリス大使館から発行される結婚証明書も必要」とのこと。
日本側は役所からもらう婚姻受理証明書だけど、イギリス側からも必要とのこと。
早速イギリス大使館に問い合わせると、郵送の手続きだと1週間くらいかかってしまうとのこと。
もう待てない!と思った私たちは直接大使館に行くことにした。前もって婚姻届とパスポートをFAXすれば、翌日以降に大使館へ行けばその場でもらえると聞いたので。

バッタバタしてしまってるけど、大使館に書類を取りに行くのは入国管理局に行く日の午前中に決まった。
FAXした婚姻受理証明書の原本(A4の通常サイズ)と彼のパスポート、そして6000円ちょいの手数料を提出。そしてすぐにイギリス側の結婚証明書の英語版と日本語訳版をGET。

にしてもイギリス大使館に払う金額はでかい!!

日本人の配偶者等のVISA申請【在留資格変更許可申請】 5/31

たーくさんある必要書類

※ 申請人=彼、旦那 配偶者=私
※青文字は入国管理局サイトからダウンロードできるもの

・在留資格変更許可申請書
・パスポート及び外国人登録証明書
・配偶者の方の戸籍謄本
※戸籍謄本に,申請人との婚姻事実の記載がない場合には,戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出
・配偶者の方の世帯全員の記載のある住民票の写し
・配偶者又は申請人(収入の多い方)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)・・・私は非課税証明書を提出。
・身元保証書
・身元保証人の印鑑
・イギリス国の機関から発行された結婚証明書
・質問書
・スナップ写真 2~3葉
・配偶者又は申請人(収入の多い方)の在職証明書・・・ネットでダウンロードできる簡素なものでOK。アルバイトでも全然OKでした。

イギリス大使館が東京のど真ん中、入国管理局本部は品川の海の方の辺鄙なところ。
いっぺんにすぐ行けると思ってたけど意外に距離があったので、管理局は家の近くの立川に行くことに急遽決まった。それにしても管理局ってどこも不便な場所にある。どう考えても日本は外国人を歓迎しているとは思えない・・・。

行きは国立駅から歩き、管理局へ辿り着く。徒歩20分くらいだろうか。
管理局半径500mくらいに入ると急に周りの雰囲気が変わってくるのに気づく。外国人率が一気に上がり、代理会社が並び、英語のサインが目立ち始める。

中に入り、ナンバーカードを取り少々待つ。申請するのに4000円のスタンプ(小型為替かな??)が必要なことに気がつき、コンビニに一っ走り。この辺のコンビニ、郵便局、なぜか布団屋でも買えるらしい。(これはできてから取りに行くときに必要であった)

意外に順番は素早く進む。ってか無視されてる人もいるでしょ?ってくらい、名前を呼んで誰も来なきゃすぐ次、ってテンポが速すぎる!
私たちは30分ほどしてから呼ばれた。スグにカウンターへ向かい、山のような書類を見せる。
担当係員はほとんど私だけの顔を見て、機械かのように少々質問し、書類を素早くチェックする。
だいぶ時間がかかると思われたその処理はわずか2分程度。出された葉書に自分の住所と名前を書いたら、
「1ヶ月から3ヶ月後にこの葉書が届きます。届いたら来て下さい。」
え?ってそれだけー?慌てて、
「彼のvisaの滞在期間はどうなりますか?」
と聞くと、
「申請中のハンコをパスポートの方に押しましたので、6/6の滞在リミットを過ぎても滞在してても大丈夫です。」
とのこと。
はあ。

不思議な顔したふたりは管理局をあとにした。
今度はバスに乗って立川駅まで行った。もちろんバスの中は外国人が多く、アナウンスの英語版もでかく長い。ここはどこだ?と一瞬悩んでしまった。

彼いわく、私日本人と二人で行ったことが正解だったとのこと。そしてシビアに書類をそろえてきた私の成果でもある。外国人ひとりで行って、少しの不備で書類を破られ、、、って話もあるらしいのだから。
とにかく一段落。はー疲れた。

配偶者VISA取得

な、なんと2週間で葉書が届いた~~!!!

はぁ?って感じだった最初は。あまりにも早すぎて。
彼いわく、制度が少し変わるって。まず大きくふたつに分けて、ひとつはホワイト、もうひとつはブラック。ホワイトな人たちは素早くさっさと済ませ、ブラックに時間をかけるとかかけないとか。。。
だから私たちの申請は既に変わったあとだったのかもしれない。
係員さえ1ヶ月以上はと言っていたんだけど。ネットで他の方の経過を見てもほとんど1ヶ月以上だった。

葉書が届いてから彼は自転車で管理局へ出向き、

VISAゲット!

1年!(3年はほぼ不可能に近いはず)

これで彼もリーガルに日本で仕事ができます!!

やった~!
[PR]

by mayupura | 2010-07-04 02:00 | 日本

<< ワタクシのサロン、オープンしち... 結婚から配偶者VISA取得まで... >>