タイへマッサージの修行に行くの巻

2011年11月 久しぶりに日本を出た!!

パスポートが切れてることにも気づかなかったくらい、時間はいつの間にか過ぎていた。
半年過ごしたオーストラリア、タイを経由して日本に帰ってきたのが2010年2月。
結婚して、東京に戻ってきて・・・。

丸3年働いて節約して、丸3年海外生活。丸1年働いて、丸1年海外生活。
そんな感じで旅してたけど、2010年は正直お金がほんとになかった;;;
そう。落ち着いたのです。

そして、ダンナとタイ1ヶ月!!

私はタイ式のお店で働いているので、修行という理由の元、

ダンナは本来ならイギリスへ帰省、のはずがなぜかタイっていう(?)理由の元、

タイへ!!

---

洪水の心配をかなりされた。

でも、分かってた。日本が大げさに騒いでいるとも。

テレビで報道されているのは、被害が大きい場所。

私たちが行ったタイの中心部もチェンマイもごく普通の毎日が過ぎていた。

---

なんだろう。今回は本当にびっくり出会い・再会が多かった。

1、
私と彼女が出会ったのはトルコの日食パーティー。
その後、彼女はスペイン人と結婚。そして、沖縄に移住。

去年、私とダンナは彼らの住む沖縄に遊びに行って一度4人で会っていた。

ある日のチェンマイのサンデーマーケット。あれ!!!
お互いタイにいることを知らなかった。
彼女とダンナさんはスペインに里帰りしていて、その飛行機の経由でタイに来ていた。
バンコクは洪水の問題があるからとたまたまチェンマイに来ていた。
すごい偶然!
会えて本当嬉しかった。
国際カップル同士

ちなみに前回タイに来たとき、彼女の友達(日本人)がうちのダンナと友達だったと聞いたときは驚いた!
会った場所は京都。その友達はタイ式をやっていたけど、当時ダンナはタイ式に全く関係がなかった。

b0083405_1234733.jpg2、
あるタイ古式マッサージスクールにて、日本人女性との会話中。
タイ語が話せたので、
「どうしてタイ語が話せるの?」
「ダイビングショップで働いて必要だったから話せるようになって。タイに5年住んでるんです」
「すごいねぇ。私も昔よくタイの南でダイビングしてたなぁ。サムイ島とかタオ島とかよく行ってた」
「なんて店ですか?」
「サムイダイビングサービス」
「!!!それ、私が働いてた店です!!」

話の途中くらいでなんとなくそう感じてた。
私、あなたを知ってる!
6年ぶり。まさかあの時の子がタイにずっといて、そして今回初めてタイ式を習い、そして同じ学校にいるなんて。。。。ほんとービックリ!

以下、詳細
http://www.sekai-purapura.com/diary/01asia1/thai03.htm

3、
とろんさんにバッタリ!ちょうど食べようと思ってたレストランに家族連れで座ってるし

以下、詳細
http://www.sekai-purapura.com/diary/01asia1/thai01.htm#pai

ご実家のある和歌山とタイのパーイを往復してるみたい。

今では二人目のお子さんを授かり、4人家族★

上の子が、チェンマイとパーイを別の国扱い?してたのが印象的。
「あっちのタイが好き」(パーイのこと)って話してた。そうだよね、そこで生まれたんだもの。
素敵な場所だもの。

---

b0083405_1205626.jpg久しぶりの海外で、一歩外側から自分を見れた気がした。

ぎすぎすした自分、そんな世界に流される自分、せかせかした自分、怠惰な自分。

日本は自分の国だし、好きだけど、

海外に行くと、客観的に自分を見つめる機会を作ってくれるから好きだ。

当たり前の常識を破り、他からみた世界観を知ることができる。


そんな細かいこと気にしなくていいんだよ。

大切なのはリラックスしてること、人への思いやり。人とのつながり。

忘れなさい。
[PR]

by mayupura | 2011-12-09 01:24 | タイ

<< やめてみよう はじめてみよう 沖縄本島 >>