新市街とランドリー

コインランドリーで服の洗濯をしたのはいつのことだろう…。

フランスを出るしばらく前のことだから…いや、できたら数えたくない。

・・・服は匂い始めた。


スペインは特急で廻ったから洗濯する時間がなかったのもあるし、グラナダの町で地球の歩き方に載ってたコインランドリーの場所に行ってみるが見つからなかったのもある。
更にモロッコに来てからさすがに今日は~と思って探すが見つからず。

特にモロッコ人の男に聞いてもよく分かってない人が多い。
洗濯は100%女の仕事のよう!
ある男が言うにはラマダーン中は店は開かないから、夜以降と言う。
ある男はが言うには朝にれば川へ行けば良いと言う。

終いには機械があれば、全部洗濯機に見えてしまう始末。

冷静になってよくよく考えてみると、モロッコで洗濯機を使ってる人はごく少ない。
未だに女は朝から川へ行って洗濯が主流みたい。
※都市は少し違った。ランドリーマシーンは見なかったけど、クリーニング屋さんは何度か見た。

服をなんとか着回したり、買い足したり、小さいものは自分で洗ったりしてなんとか凌いでたけど、もう限界!フェズではスター付きのホテルにご宿泊。疲れもあったけど、ランドリーサービスを期待して★
ランドリーサービスはもちろんあって、なんとかなった。やったー!ふかふかで良い匂いの仕上がりを期待!!
あぁ、タイが懐かしい。。

b0083405_2155249.jpgタンジェは新市街、シェフシャウエンはメディナの中、フェズは新市街、マラケシュはメディナの中とその時の雰囲気で適当に宿を決めてた。それぞれの街にあったところをうまく選べたと思う。あと、新市街の方がコストパフォーマンスが良いのも理由。メディナはさすがに雰囲気があって好き。

フェズのホテルの近くにはスーパーマーケットを含んだショッピングモールがある。街を散策した日の夕方に入ってみたら、ラマダーンのためにこれから朝食が始まるからお店は全部一旦閉じると言われた・・・。すごーい。。スーパーはモロッコのお金もち向けって感じで最新の電化製品から海外からの輸入食品やら色々豊富。値段は庶民的ではあるけど、日本と大差はない。ほぼ皆フランス語で話しかけてくることには困ったけど・・・。
お店の中は女性も結構働いている、普段は見かけない光景だけに新鮮。
寿司屋を発見!ずっと日本料理はおろか、アジア料理に飢えまくっててただけにかなり嬉しい( 〃▽〃) サーモンにチーズが入ってても許す(笑)


話せば切りなくいくらでも出てくるけど…やっぱりモロッコ人はインド・エジプト人と並んで面倒臭い。
迷路であるメディナを歩けば当然迷う、道を聞く。それから相手は自分の店を見てくれと言うか、チップをねだる。
私はなるべく観光客と関わりないような人たちを探して聞くんだけど、外すと面倒なドラマが展開される。しかもしつこいから嫌になる。
意外とモロッコは物価が高いから安く済まそうと思うと色々大変なのだ。

b0083405_2173322.jpgフェズの皮染色職人街のタンネリは有名なので是非行こうと思い、苦労しながら着いたところはビルの屋上から全体を眺められる場所だった。そのビルは皮や製品をメインとしたお土産屋が多数入っていて、そこで買い物すれば入場料だけだけど、買わなければ5ユーロ払えと言う。欲しいものは見つからないし、高いし、暑かったし面倒だったから5ユーロ払った。そのあともしばらく他の店に連れてかれては断って険悪になり…。私も旅免疫がなくなったもんだ。あ~、失敗した!!

でもこんな面倒と思えることもお金を払ってしまえば済んでしまうことと、前は思わなかったことをする今の自分がいる。物を買う時に値切るのは得意だし、楽しいけど、移動する時はできたらスムーズに楽にやりたい。
時間が永久的のようにあった昔の旅とは状況が違うからという理由もあるんだけど。
[PR]

by mayupura | 2013-07-17 21:10 | 中東

<< メディナにハマムにモロッコ後半の旅 LAST☆一人旅はアラブでラマ... >>