「ほっ」と。キャンペーン

メディナにハマムにモロッコ後半の旅

モロッコへ来る前に友達・知人何人かにオススメの場所を聞いたところ人によってまちまちで、フェズだったり、マラケシュだったり、シャウエンだったり。街によって雰囲気も人も変わってくるけど、私は強いと言えばマラケシュが一番いいかな~と思う。

b0083405_21261684.jpgまず分かりやすいジャマ・エル・フナがハイライト的におもしろい。人の熱気とイスラム世界と観光客の渦。ここだけ見ただけでもモロッコをつかめるんじゃないかと思う。

メディナはフェズもマラケシュも大して変わらない気がするけど、マラケシュのがまだ人がいい。
観光客向けの店がどわーっと並んでる通りも、地元民向けの店、野菜果物を始めとする食品を売る店も、どれもおもしろい。
特に今はラマダンだから、やる気がないところがこれまたおもしろい。


マラケシュではモロッコの中では最長の3泊をした。
真ん中が吹き抜けになっているイスラム建築のリヤドスタイルの宿で、スタッフは親切で、食べ物飲み物をよくくれるし本当に居心地が良かった。
中に21才の男の子が働いてて、まぁ話すのはほぼフランス語だから会話はイマイチだけど、ちょこちょこ話してた。
まだ21才だけに純粋そうで、明らかに10年後にはその辺のしつこいモロッコ人に変貌してしまうかと思うと残念( ´△`)。
友達が日本人と結婚して、フィンランドでハネムーン、そして日本へ移住するらしく羨ましがってたから、どなたか興味あれば彼が若いうちに実を摘み取って正しく育ててください(笑)

b0083405_21272178.jpg b0083405_21275155.jpg

★旅info★
宿はメディナの中のリヤド・ヒバ
…ルーフトップからの夕陽がオススメ、そこにキッチンもあってお湯くらいは沸かせる。コーヒーも実質タダ、冷蔵庫も使用可能。でもちゃんと断ってからにしましょうね(^^)


カサブランカは海沿いであることもあって、かなり涼しい。気候は本当に居心地が良い。
でも、インターナショナルな街でアラブ人・黒人・中国人(今までは中国人に間違えられなかったのに、ここではよく間違えられる)が多くてなんか違和感…。着いたのが夕方で曇ってたせいもあって、カサブランカのイメージが暗い。おまけにホテルのレセプションの人も恐いし、ロビーや通路も暗い。

先にカサブランカに着いていた日本の知り合いがカサブランカは人が親切でお金にうるさくないと言ってた。確かにタクシーは街中はほぼメーター使うし、観光地でないから客引きもごくわずか。でも女ひとりで歩いていると今までとはちょっと違う感じで声がかかる。「メイクラブ?」とか。
マラケシュが特に夜でもひとり歩きしてもまぁ大丈夫だっただけあって、カサブランカはなんか怖いのでホテルの部屋でぽつーん。つまらなーい。カサブランカは2泊あって、1泊目のホテルのレセプションの態度があまりにも悪いので2泊目は引っ越ししたんだけど、両方ともメインのライトが付かなかった。どーゆーことー?

b0083405_21284019.jpgカサブランカと言えばハッサン二世モスク。
考えてみるとその日は金曜日。タクシーで向かったら礼拝が始まるから2時以降に来いと言われ、、はぁ、よくあることだけど。
外からで大きく立派なので外観だけ眺めたり写真を撮ったりする。中に入ると15ユーロくらいかかるからね、まぁいいやなんて思いながら(笑)。
そしたら、次々に白い服を全身まとった正装姿のアラブ人たちがたくさん群れてモスクに入っていく。本当にたくさんだ。ラマダン中の金曜日だからまた特別なんだろうか。
あまりにもたくさんの白・白・白のアラブ人なので、思わずカメラをオンにしたら、ちょっと遠くにいた警察に指をぴっぴされて、ダメだ、あっちへ行けと合図される。ちっ、仕方ない。
そのあとも礼拝ツアーバスが続々中に入ってきて、道は軽く渋滞中。さすが、キャパがあるだけありますねー。

hammam ziani
モロッコでは初のハマム♪旅の疲れを取ろうと思ったのだ!

受付でパッケージBというコースを選んで350払う。後になって考えてみるとちょっと高かったかな~。
受付を済ませると自動的に女性の手に渡される。
まずは着替えてサウナへ。スチームがすごくて中に入っている人の足くらいしか見えない、みんな透明人間状態。
日本人的にはもっと長い方がいいんじゃないと言う短さで次の部屋へ呼ばれ、垢擦り。私担当のおばちゃんはちょっとセッカチなのか分からないけど、言われるがまま、されるがままにちゃっちゃと進む。垢の量がすごかったのはここでは伏せておきますが…。
それから、また別室へ移動し、次はクレイパックかなんか分からないけど、とにかくレモンかチリか肌に刺激のある何かを含んだ温かいものを身体に塗られ、シートに包まれ待つこと約10分。塗られる時にあまりにも刺激があるので、「あちっちっち!」て思わず言ったら真似して何度もおばちゃん「あちっちっち!」繰り返す。
それからオイルを塗りながらのマッサージ~。はぁ、ソフトタッチで悪くない。ベリーベリーベリーグッド?と聞いてくるけど、そこまででもないので軽く無視する。

清潔度はまあそこそこ。外国人が多かったから多分良い方なのだと思う。
どっちかと言うと、その時の感動とかより、ハマム終了後の自分の具合に驚いた。多分結構な旅の疲れが取れたんだろう。今回の旅で2回ほどバスタブに入れる機会があったけど、それよりも全然効いた~。
ほっとんどなかった食欲(おいしさに欠けてたのも大きな理由だけど)が戻り、なんか元気になった気がする。旅もあとわずかで終わるという自分の中の余裕もあると思うけど。

カサブランカは帰国に向けてのモロッコ最終地点になる。
ここから飛行機でアブダビへ戻り、旦那と待ち合わせ。
旅が終わると言う寂しさと同時に、旦那と日本に帰れる嬉しさを感じながら・・・。
[PR]

by mayupura | 2013-07-20 21:12 | 中東

<< アブダビとドバイ。 新市街とランドリー >>