アブダビとドバイ。

アブダビってどこ?
そう聞き返す人が多い。そう、国名のアラブ首長国連邦とかUAEすら知らない人が多い。
ドバイと言ったところでようやくピンとくるみたい。

アブダビはドバイから車で1時間くらいの距離。
最近はヨーロッパ行きの飛行機をネットで検索すると、このアブダビを経由するエティハド航空がだいたい1番安い値段で出てくる。
無名だし、飛行時間は長いはでいいことはないんだけど、お金には変えられない。
サービスはアラブらしくスローだし、良いとは言えない。強いて言えば、席が若干広いことくらいかな。


b0083405_22492069.jpg旦那とアブダビ空港で待ち合わせ。
私はカサブランカから。旦那はロンドンから。
私の方が一時間ほど早く着くフライトだったけど、カートを引きながらぷらぷらしてたらあっという間にロンドン発の飛行機が到着した。
モロッコを離れてからエコノミーレベルが上がったことをフツフツと実感ーーー。
声をかけてくる人もいないし、身なりの綺麗な人も増えた。

そのエティハド航空のスペシャルオファーで今回はスター付きのホテルにご宿泊★
だいたい普通は1泊のストップオーバーだろうけど、指定されたホテルに2泊予約すれば1泊はタダと言うのだ。そりゃ2泊のがいいに決まってる!
今回の旅では最高のランクだろう。ポーターもいるし、典型的なきれいなホテル。
2人で2泊で150ドルくらいでこのレベルなら全然いい!
ただ、一ヶ月も前から予約してるのに、本当に2泊か?と繰り返すし、何度もチェックアウトする時間を聞かれた。サービスしときながら、サービスを受けて欲しくない感じのサービスをされると嫌な気分になる。

ラマダン中のアブダビはほんとーにやることがない。
元々綺麗なホテルで最後の旅の疲れを取るのが目的だったから、空港からホテル、それからチェックアウトギリまでホテルに缶詰状態。ただレストランやルームサービスがべらぼうに高いので、たまに外をぶらつく。

エアコンがんがんの室内から外に出ると、なんとも言えない熱風が全身を襲う。
体感温度40度は超えてる。
天気を見ると40度を超えてないので、エアコンとの寒暖の差が応えてるんだと思う。
これを繰り返してたらさすがに体調悪くなりそー。

変な「GIFT SHOP」と書かれたお店がいくつもあるけど、どれもつまらない。レストランは太陽がある間は全部クローズ。
匂いを感じてたどるとそこにはアジア系弁当屋さん(笑)
断食明けのお弁当つくりで忙しい様子。テイクアウトできると言うので、言うまでもなく買い込んでホテルで食べた。久しぶりのアジア料理★やっぱり私はアジア人だぁ==

アブダビからドバイまではこれまたエティハド航空のシャトルバスが使える。
本当はドバイ着アブダビ発のフライト用のシャトルバス(こういうチケットがあれば無料)だけど、私たちのようにフライトにドバイが含まれてなくてもお金を払えば乗せてもらえる。アブダビにあるそのバス停があるオフィスではなんとチェックインと荷物預けができてしまうのが素晴らしい!そしてドバイからアブダビのバスは無料。空港に着いてからは、ただ出発ゲートに向かえばOKなのが嬉しい。

ドバイは地下鉄も走ってる、大都会。
とりあえず今のところ世界一高いドバイシティタワーを見て、写真を撮りまくる。が、太陽がまぶしすぎて撮るのがとっても難しい。この国の太陽光線は一体どーなってんだ??すっごい強烈。
炎天下の中、工事現場で働いているインド人とかパキスタン人?とかマレーシア人に同情。。。

b0083405_22462266.jpg b0083405_22465839.jpg


ショッピングセンターがめちゃでかい!!
そして金持ちの国らしく、全てが豪華で大きい。1時間くらいかけて半分くらいは周ってみた。
世界の有名ブランドのお店はほぼ揃ってる。ダイソーや無印まである。宝石屋もすごく多い。

b0083405_2253212.jpg b0083405_2253358.jpg


レストランは全部閉まってたけど、帰りがけにみた海沿いのカフェ、レストランは外の席も多い。
「暑くないのかね-?」(私)
「きっと暑くていられないね。ん。でもあの大きい機械見てみて。あれきっと室外用エアコンだよ」(旦那)
「ほんとだー!すごい大きい。」
「きっとすごい循環率が高いと思うよ。」
40度近い外気の中、エアコンをがんがんにかけてまでわざわざ外の席に座ろうとするその根性がすごいと思った。どんだけ金持ちで資源を無駄にしてるんだーーー!


アラブの国は今までにイラン、パキスタン、中国(キルギス)、トルコ、エジプト、シリア、ヨルダン、イエメン、そしてモロッコと色々回ったけど、UAEはまた個性があってなかなかおもしろかった。
UAEは世界の質の高い料理が結構安く&良いサービスで食べれるので今度はラマダンじゃない時に来てみたい!
[PR]

by mayupura | 2013-07-29 22:05 | 中東

<< ナチュラルハイジーン(ローフー... メディナにハマムにモロッコ後半の旅 >>