何も知らないけど。

ソフィアからルーマニアへ列車で向かう。
タカとはしばらく一緒にいたけど、これからは別々の道を行くこととなる。寂しいけど、これも自分の選んだ道。しっかりやっていこう。

列車は空いている。席も自由に座れそうな感じだ。
私は指定された通りの席に付き、せっせと編み物を始めた。最近、周りで編み物が流行っていて、私も例外に漏れずに毛糸とカギ棒を買いに走ったのだ。案の定なのか、結構な暇つぶしになる。同じパターンの繰り返しをしていると時間を忘れて没頭できる。

ブカレストはかなり治安が悪い。
駅周辺は特にそうで、シンナーを吸う人、食べ物を探して彷徨い歩くおばあさんとかが普通にいるのだ。

印象こそ悪かったけど、ルーマニア人はとても親切だった。地図を開いていると、ほとんどの人が道を教えてくれる。英語も話すし、後腐れのないスマートな親切だ。トルコ人は下心が見えてしまうことが多いし、ブルガリア人はどちらかと言うと外国人に対して干渉しないし、無関心だ。それを考えるとここも悪くない。そう、ここの民族はラテン系なのだ。顔もニッコニコだ。

東欧は物価が安いと聞いていたけど、ルーマニアは微妙に高い。ネットやレストラン、衣類などブルガリアに比べるとやや高だ。

事情あり、Ⅰ日もしないうちに出ることになった。また訪れる日がやって来るだろうか・・・。
[PR]

by mayupura | 2006-05-06 20:28 | ヨーロッパ

<< ルーマニア(romania) リラの僧院に行ってきた。 >>