リュブリャーナ。

悲しく通り過ぎるかな、緑豊かな国。

雨が降ってる。そして宿代が高い。
そんなどうしようもない理由により、スロヴェニアの滞在はほんの1日。だからはっきり言って、私はスロヴェニアについてほとんど知らないに等しいのかもしれない。

スロヴェニアの首都はリュブリャーナ。周りはイタリア、オーストリア、ハンガリーなどの隣に位置するが、なぜかあまり知られていない。ローマの宿で会った女の子たちに言っても「はぁ?」って感じの顔してた。そうだよね、ぱっとしない国だよね。
旧ユーゴ国としては一番目に独立をした国でもあり、経済的にもまあ豊か。だけど首都は首都でありながら田舎風景で、緑に囲まれた国でもある。見所としては、鍾乳洞や湖が有名。観光業にも力を入れている様子で、街の至る所に英語標記があるし、フリーで置かれている地図もかなりの充実ぶりだ。観光客の少ないところを狙う人、残されてる自然を楽しみたい人、節約したい人にはいい場所かもしれない。が、問題は安宿が少ないことかもしれない・・・。

リュブリャーナの街はとってもコンパクトで、2時間もフラフラしていればそれで満足できてしまう。噂でもよく、「リュブリャーナは何もない」って聞いていたが本当その通りだ。どちらかと言うとメリハリがない。もっとのんびり滞在すれば本当の良さが分かるのかもしれないけど・・・。

最近、ドミに泊まると西洋人がいっぱいであることが多い。もちろん、ここはヨーロッパなんで当たり前だけど、完璧な白人社会であることを思い知らされる。なんとなく居心地が悪いのだ。たぶん、アジアで会うヨーロピアン貧乏旅行者とは違う人種なんだろう。短期旅行などでお金に困らない旅をしてると思う。夜はみんなで併設されたBARで飲み明かし、昼間はホテル内からなかなか出ない。リュブリャーナなんかは昼間に街を歩いていても観光客に出会わないけど、ホテル内ではたくさん見かけるのだ。でもまあ、そういう旅スタイルも楽しそうだね。日本人宿だって同じ感じだものね。

締めは、、何だろう?
雨が降らない限りは美しいと有名なブレッド湖、もしくは世界遺産でもあるシュコツィヤン鍾乳洞に行くといいかも。リュブリャーナは小さくて素朴。川沿いにたたずむ旧市街は雰囲気ある。雨の降らない日にでも散歩に出掛けて見てくださーい。

■info
・インターネット 1.25euro/~15分 2.25euro/~30分 3.5euro/~60分
・バス・ターミナルの検索マシーンで各地の発着・料金が調べられる。国外でも可能なので便利。
[PR]

by mayupura | 2006-06-06 23:08 | ヨーロッパ

<< 物価調査隊がいく(スロヴェニア) Italy(イタリア) >>