再会の多い日。

ドブロヴニクは魔女の宅急便の舞台になったことで有名な場所。オレンジ色の屋根の家々が並び、アドレア海の真珠と呼ばれる蒼色の海がとてもきれい。

ユースに泊まるべきか、プライベートルームに泊まるか悩みフラフラとさ迷い歩いていると、鼻歌を歌いながら怪しげに近づいて来る男性がいた。聞くところによると彼はプライベートルームを持っているらしい。だけどそこから7Kmも離れている。躊躇していると、
「僕は日本人が好きだよ。それに前に20年旅してたからね、旅人の気持ちはよく分かるよ。タダで泊まらせてあげるよ。」
別に悪い人じゃなさそうだし、旅の話もいろいろ聞いてみたかったけど、やっぱり一人じゃ危険かもしれない・・・のでお断りした。それにしてもいろんな人がいるもんだ。

宿も決まり、近くのスーパーに入ろうとした時のこと。あれ~、、何か見たことあるような子がいる、と思った瞬間、
「ああ!まゆみさ~ん」
ローマで会った日本人の女の子だった。しかもお互いクロアチアへ行くとは話していなかったのでビックリ。道端で話し込み、一緒にスーパーで買物した。

その子とお茶をしようと歩いている時のことだった。あれ~、、何かケイコ(トルコで会い、マケドニアでも偶然再会してる。全部で8回目の再会!)に似てるな~と思い、
「ケイコちゃ~ん!」
と声を掛けてみた。顔があまりにも真剣だったので別人かなって疑いもあったのだ。
「わ~~~!まゆちゃ~ん!」
ハグをし、お互いの近況を話し合った。ケイコと共に動いてる他の3人が少し離れた場所にいると言うので、みんなにも会いに行った。みんなともハグし合い、久しぶりの再会。ケイコとユッコは疲れていたのもあったようで涙まで流してくれた。ほんと、嬉しい・・・。私も一人で旅をし、寂しい思いが高まった時期だっただけに本当に嬉しかった。

意外にもここの物価が高いので1泊だけで出ようと思っていたけど、みんなと部屋をシェアできること、そして3日ケ後にはケイコの誕生日ということもあり、プラス2泊することを決心した。
[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-08 23:00 | ヨーロッパ

<< 悪い人じゃぁないんだけどね・・・。 雨のザグレブ。 >>