ブダペストで

思ったより物価が安い。宿は7euroで昼飯付き、スーパー行けばクロアチアの半分ぐらいのプライスで買い物できてしまう。古着屋だってある。ネットだって3時間やれば1時間当たり50円だ。宿には情報ノートもあるし、ここから出る飛行機も安いし、情報収集・旅の休憩には持って来いの場所だ。

オンナ3人に囲まれ、やや窮屈そうにしていたマサトも宿で友達を作り楽しい日々を送っている。ユッコは帰国に向けての準備で忙しく走り回っている。そんな2人とももうお別れだ。ユッコとはゆっくり話せる時間があまりなかったのでまだ心名残があるけど、またいつか会えそうだ。
最後の夜にみんなでくさり橋と砦の夜景を見に行った。ブダペストは昼に見ると大都会のように感じるけど、夜は意外とネオンが少ない。派手ではないけど、オレンジ色に統一された柔らかいネオンがきれい。みんなで写真撮りまくりながら、いろんな話をした。みんなで夜景を見に来るなんて日本でも滅多にない。こうやって旅中に出会った同士でやって来るのはほんと、いい思い出になる。
ありがとう、ユッコ。マサト。

2人が去ると、私もケイコも雑用に追われた。二人ともアフリカという困難な予定を抱えている。ケイコは黄熱病の予防接種を打ってないのでその情報検索、ルート決め。私はブダペスト後の予定とバス予約、ロシアとアフリカのルート決めに忙しい。買いたいものもいっぱいあるし、でも他の人とも交流もしたい。いろいろ考え過ぎて訳が分からなくなるし、1日が早く終わってしまう。毎日が反省だ。あと、ブダペストの街は単純なようで複雑だ。どこに行っても通りが似ていて迷いやすい。ケイコも私と同様、地図との格闘で頑張ってる。

毎日があっという間ではあるけど、ここでの滞在は妙に安心する。日本人に囲まれ、談笑する。物価も安いので安心して滞在もできる。街の雰囲気も趣きあるし楽しめる。私はブダペストが好きだ。
[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-16 23:11 | ヨーロッパ

<< ダンスと音楽と買い物、フェステ... Bosnia Herzegov... >>