新ぴか、ワルシャワ。

朝から雨だった。昨夜はドミ内がうるさくてなかなか寝付けなかったので、朝早くに起きるのがつらかった。眠い目をこすっての出発。チェックアウトでしばしもめたのを始め、上手くトラムに乗れなかったため、バスターミナルの到着がギリギリの10分前。チケットだけは前日に確保しておいたのでバスに乗り込むことはできた。

ワルシャワはドイツに占領されたことにより、建物のほとんどが崩壊された。その後、できる限り元の姿になるように再現された新しい町だ。ほんの数時間の滞在だったけどワルシャワの新しく、ある意味おもしろい建物や雰囲気は堪能できた。
旧市街と言っても、建物は真新しくて数年前どころではなくて去年作った?かのような綺麗ぶり。白やパステルカラー、再現の様子が伝わるレンガ造りの建築物。古き良き文化が残るこそ素晴らしいと今までは思ってはいたけど、ワルシャワのように新しいけだけの雰囲気も意外とおもしろい。これが100年も経てばきっと情緒ある町並になるんであろう。




■info
・よくは分からないけど、ワルシャワのバスターミナルは古くて不便。国内線は普通に乗れるけど、国際線専用窓口が見当たらなかった。ユーロライン窓口もなし。あらかじめクラコフなどで購入するのをオススメする。バスターミナルから市内まではバスの128番で行ける。歩き方に載ってる508番は見当たらなかった。

[PR]

by mayupura | 2006-07-01 23:44 | ヨーロッパ

<< ポーランド 静かに過ごすポーランド。 >>