リトアニア


国名:Lietuva(リトアニア)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)ヴィリニュス(3)、パランガ(0.5)
期間:2006/07/02~07/05
レート:1Lt=約21.38円
感想:ヴィリニュスはロシアVISAのためだけの滞在だったけど、近郊のトラカイ、西のパランガは自然いっぱいでいい所だった。リトアニアは不便な面はなく、居心地は決して悪くない。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★☆☆☆☆
人     ★★☆☆☆☆☆
おもしろさ ★★★☆☆☆☆
清潔さ   ★★★★☆☆☆
快適度   ★★★★☆☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★★☆☆☆
見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
◎ヴィリニュス←→トラカイ バス片道2.9Lt・・・便数は特に朝に多く、所要時間も30分位と近い。帰りのバスもスケジュールより多く来た。
◎ヴィリニュス22:45→クライペダ04:00 バス40.5Lt・・・予定通り早朝に到着。バスは混んでいてほとんどの間満席だった。隣にいたおじさんが酒を飲んでいて臭いし、うざかったためよく眠れなかった。休憩はたくさんあった。
◎クライペダ6:30→パランガ7:00 バス3.5Lt
◎パランガ13:40→クライペダ14:00 乗合ワゴン4Lt・・・久しぶりに窓全開&速いスピードで走行。かなり気持ちが良かった。ギュウギュウ感もアジアを思い出していい。
◎クライペダ16:50→リーガ(ラトヴィア)22:20 バス44Lt・・・14:40分発のバスには乗れなかったためこの遅いバスに。到着の時はまだ明るかったので助かったけど。タバコ休憩がやたら多かった。現地人率もかなり高い。

■宿
◎ヴィリニュス DownTown Hostel(YH) ドミ34Lt(YH-cardで-2Lt)・・・ネットフリー(2台中1台が日本語読書可能)、コーヒー・紅茶フリー、キッチン付き。ドミは少し窮屈だけど地下の談話室はなかなか居心地良し。日本語60%の情報ノートあり。ロシア情報を集めるなら良い宿。チェックインは13時と遅めだけど、談話室にいられるので悪くはない。駅の正面口を出たらすぐ右方向へ。道なりに150mほど進むとT字路にぶつかるのでそれを左折。すぐ右手に看板が見える。駅から徒歩10分弱。

■使ったお金
255.6Lt=10,847円 一日平均2,712円(ロシアVISA16,000円分を含まない)

[PR]

by mayupura | 2006-07-05 23:58 | ヨーロッパ

<< 600年の石畳。 琥珀がある町。 >>