道は果てしなく続く。

サンクト・ペテルブルグでパキ、イラン、ブルガリア、マケドニア、クロアチアで一緒だったヤングと会った。最近会う人はほとんどどこかで会った人で親近感があるけど、ヤングはその中でもナンバーワン!ロシアで友達に会えるのは心強い。
そのヤングと共にモスクワにやって来た。大きい駅を出ると朝日が昇るころだった。サンクト・ペテルブルグよりは日が短くなっているようだ。駅から目的の宿に向かおうとしたけど、地下鉄がまだ開いていない。2駅だけ先なので重い荷物を背負ったまま歩きだした。ヤングといて正解だった。元々方向音痴の私はひとりでは宿まで辿り着けなかったに違いない。道は無機質に長く続き、方向感覚がなければ完全に迷子だ。やっと見つけた宿は満室だった。モスクワはとてつもなく宿代が高いのだけど、ここは無許可でやっているのか8ユーロとかなり良心的だ。

モスクワは首都だけど、サンクト・ペテルブルグより不便!
規模は東京や大阪と並ぶぐらいに大きく、地下鉄も相当の距離と多数の路線から成っている。地下鉄は相変わらず分かりにくいのだけど、キリル文字の基本的な文字さえ読めれば何とかなる。私も何とか慣れてはきた。道もさらに長く、次の角まで相当の距離を要する。建物もさらにでかい。笑っちゃうほどでかいのだ。
英語が通じない。それは分かってはいたことだけどモスクワはひどい。駅やユーロライン・オフィス、英語の簡単な単語さえ全く出て来ない。加えてはとっても不親切で「ニエット」と冷たく放たれる。ひどすぎる。

モスクワに来ていいことがない。宿代が高い上に、ここから抜ける電車も高い。キエフ行きもトビリシ行きも高い。少しは安いバルト三国にヤングと共に帰ろうとも思ったけど、さすがにそれは遠回りなのでやめた。あと、ウクライナのオデッサからイスタンブールまでのフェリーもネット検索によると120$以上はするので検討はやめた。もはや今の私には船旅のロマンはない。遠いけどバスターミナルまで行き、1/5ぐらいの値段で買えるキエフ行きで落ち着いた。ああ、先が見えぬ旅・・・。

一番有名なクレムリンは雨が降っていたこともあり、10分で観光終了。(笑)入場料をセットで買うと4000円もかかると聞いていたので、とにかくは入場券のみ買った。中にある教会を入口にてのぞき見してスゴイなと思ったのを除けば感想はないに等しい。クレムリンについて私に聞くのは間違っている。
聖ワシリー聖堂はロシアの建築物の中で一番見たかったもの。左右対称、大きさがバラバラの玉ねぎが並ぶ風変わりな造りだ。かなりの変わり者がデザインしたんだろう。夢の世界に現れて来そうだ。ちなみに中に入ったがやっぱり思った通り、外から見た方がおもしろい。

引っ越し先の宿まで少し迷う、地下鉄では出口に迷う、聖堂に行けず思わずクレムリンを一周してしまう。宿に着くまでにまた迷う。宿の最寄りの地下鉄は出方を間違えると全然違う方に出てしまう。それを知らなかった私は駅名を何度も見直した。朝着いた駅の雰囲気とまるで違っていたからだ。どちらに歩きだしたらいいのか途方に暮れた。
は~、はっきり言って方向音痴にはモスクワは難しい!迷っても反対方向に進めばいいというわけにはいかない。最初に間違えてしまうと、引き返すには距離があり過ぎるのだ。最初に慎重に考えていかないとエライ目にあう。ふう。

モスクワはロシアを知るには分かりやすくていいかもしれない。けどおもしろみは少ない。サンクト・ペテルブルグの方が私は好きだ。

■info
・聖ワシリー聖堂は入場料50P、クレムリンは150P(学生割引価格)
・ポリジョイ・モスクワ国立サーカスの入場料は一番安くて100P。だけど、かなり上段の席。
・ロシア全体に言えることだけど、ウォッカとタバコが安い。好きな人は買いだめにいいかも?
・Traver's Innのインターネットは2P/1分。
・地下鉄は1回15P。複数回数券は多少安くなる。

[PR]

by mayupura | 2006-07-16 00:43 | ヨーロッパ

<< ロシア 白夜。 >>