ロシア


国名:Russia(ロシア)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)サンクト・ペテルブルグ(5)、モスクワ(3)
期間:2006/07/10~07/17
レート:1P=約4.26円
感想:入国にもしかり、予想外にイージーに旅ができた。規模もでかければ建物もバカでかい。圧倒されること多し。人は社会主義的な冷たい部分もあれば、親切にしてくれるロシア人も結構いる。2都市しか訪れていないけど双方の雰囲気は大きく変わる。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★☆☆☆
人     ★★★☆☆☆☆
おもしろさ ★★★★☆☆☆
清潔さ   ★★★☆☆☆☆
快適度   ★★☆☆☆☆☆
料理    ★★★☆☆☆☆
物価    ★★☆☆☆☆☆
見所    ★★☆☆☆☆☆

data

■移動
◎サンクト・ペテルブルグ19:50→モスクワ04:30 列車(寝台)438.2P・・・希望通りの日付が取れなかったけど、たまたま安い便で行けたのでラッキー。席は窓側の狭いベッドだったけど、それなりに快適。窓が開き、風がたくさん入ってきて夜は寒いぐらいだった。シーツは別料金。
◎モスクワ21:00→キエフ(ウクライナ)18:00(現地時間は17:00) バス610P・・・迷いに迷ったキエフ行き。バスのレベルは低く、途中何度も修理をしてかなりの遅れがあった。予定到着は朝・・・??だったのが、恐怖の21時間移動となった。国境を越えたのが翌日の昼前。アジア人の私だけ慎重に調べられ、パスポートの返却が遅れたのであせる。でも簡単な質問(現地語)はあったものの特別なことはなかった。なんともまあ、皮肉にもロシア入国より大変だった。夜は冷えてかなり寒かった。両替はウクライナ側で個人の人にやってもらえる。

※モスクワ→キエフの列車は3100P 20:23→08:25(手数料込み)、モスクワ→バクー経由のトビリシ行きの列車は3800P 21:30→08:55(手数料込み。ただしアゼルバイジャンVISAが必要。)その他、ユーロラインバスはタリン1000P、リーガ約500Pで夜便あり。列車のタリン行きは座席1300P~。
※イルクーツク行き列車(シベリア鉄道)は約2000P。
※レニングラード駅にて列車チケット購入可能。国際列車専門窓口でも買えるが手数料がかかる上、英語も全く通じないので普通の窓口で買うことをお勧めする。また2階にはユーロラインオフィスあり、英語不可。
※キエフ行きのバスチケットは3番の地下鉄の最終駅「schelkovskaya」下車のバスターミナルで購入。国内線、国際線とも走っている。値段はお分かりいただける通り、列車よりかなり安い。ただし、リーガ、タリン行き便はない。

■宿
◎サンクト・ペテルブルグ All Seasons Hostel(YH) ドミ324P~・・・キッチン、冷蔵庫あり。5~9人部屋が9ユーロで最安。次は10ユーロ。初日は空いていなかったので10ユーロのドミ、翌日から9ユーロのドミに移動。古く清潔とは言えない宿だけど、雰囲気は悪くない。スタッフも英語を話すし親切。ロシア人も多く泊まるので出会いもあり。私は2日目以降は誰も来なかったので個室同然に過ごせた。また、団体客が来ると部屋を追い出される可能性あり。私はチェックアウト後に団体客がやって来たので難を逃れたが。宿代をあらかじめ全部払っておくといいかも。宿内にネットPCが1台あるが故障中だった。レギストラーツェア無料であり。場所は地下鉄Park Pobedy下車、駅を出たら右手に進む。公園を右手に見ながらMoskovskiy通りをしばらく進み、1本目の曲がり角のKunznetsovskaya通りを右折。BMWの店やちょっと開けた広場が見えたらそれを左折。右手にYHの看板が見える。その三階。
◎モスクワ Traveler's Inn(YH) ドミ950P・・・恐るべしこの値段!建物こそしっかりしているが、設備は悪く汚い。シャワーは夏期間は水シャワー、毛布にはダニがいる。あまり更新されない情報ノートあり。立地は便利でレニングラード駅まで歩ける。ネットがあるが1分2Pと高い。飛行機や列車チケットの手配が可能。レギストラーツェア無料であり。場所は歩き方に掲載あり。最寄りはリーシスカヤ駅かプロスペクト・ミーラ駅。
◎モスクワ Hostel Sherstone ドミ720P・・・上記の宿の情報ノートで見つけた、多少安い宿。場所はとても田舎で観光するにはかなり不便。周辺は基本的に何もないけど、宿付近にはミニスーパーやbarはある。各部屋にはシャワートイレ、電話、テレビが付いている。また、清潔なシーツとタオル、石鹸も付いている。レギストラーツェア無料であり。グレーの地下鉄9ラインのPetrovcko(ヴラドィキノー)駅下車。センターからやって来た場合、必ずホームを出たら左方の出口を出ること。駅を出たら通りでなく公園の方を突っ切るように進む。その時、電車の線路沿いを歩くように進むこと。すると陸橋が見えるのでその下をくぐり、正面の道でなく1つ左側の細い通りを前方に進む。しばらく歩くとバスターミナルが見えるのでそれを左折。すぐ左手に看板が見える。フロントは1階でなく3階なので注意。hostel.com掲載あり。

※泊まってないけどオススメ宿 ガリーナのクワルチーラ 約8ユーロ
住所:UL Chaplingina8 Kv35
chisty Prudy駅下車。目の前をトラムが走っている方の出口を出たら左側の道を進行方向前に進む。たぶん1本目を左折、2本目のyAn^blrNha(キリル文字だと思ってください)通りを右折。あとは住所を頼りにマンション風の敷地内に入り、右手。ドアの前に小さく看板あり。無許可っぽいので安いが、レジストのことを考えるとどうか。おばさんは英語を話す。ドミが3つしかないらしいので私達は断られてしまった。ロンプラに掲載があるらしい。

■使ったお金
6,532=27,827円 一日平均3,478円

[PR]

by mayupura | 2006-07-16 00:44 | ヨーロッパ

<< 物価調査隊がいく(ロシア編) 道は果てしなく続く。 >>