ウクライナはロシアの姉だった。

こんなにつらく、面倒なことになったのはこの国が初めてかもしれない・・・。電車もバスも便利な便がない、混んでいる、対応は悪い。そんな悪い状況の中で苦しんだ日々は後々思い出になるんだろうか?

この状況をお聞きいただきたい。モスクワからの私の行動だ。目的地はイスタンブール。そこでシリアVISAを取って、アラビア半島に行くのだ。

モスクワ発の長~い長距離バス移動20時間が終了。キエフ駅にてリヴィウ行き列車チケットを購入。2つぐらいのカウンターに並んだが買えない。上階の売り場で買えることが分かったが、その売り場が見つからない。しばらく後に発見。売り場は2階に上がり、ホームを突っ切った全く別の場所にあり。無事、GET。※ソフィア行き列車は14時、ブカレスト行きは15時位にあり。

リヴィウ到着。到着すぐにブカレスト、ソフィア行きを尋ねるが今日はないと言われる。そのまま市内へ行き、旅行代理店を探す。ウクライナはユーロラインが走っていない。列車も時刻表を見た限りでは国際列車は数が少ない。ちょうど代理店内で英語を話す女性がいて、助けてもらう。通訳してくれた上、2店舗をわざわざ案内してくれる。結果、ブダペスト、ブカレスト行きのバスはないことが発覚。一体私はどこへ行けばいいのか・・・。

バスターミナルも駅に行く気力もない私は宿を決めた。とにかくシャワーを浴びたかった。ホテルまでは年配の男性が500mぐらいの道を一緒に来てくれ、案内してくれる。本当にありがたい。
しばらくしたその後、ツーリスト・インフォメーションへ出向き、再びバス便を確認してもらう。バスはないのでそこで諦め、駅へ再び向かう。

駅の1階のチケット売り場では当日券のみしか買えない。ちょうど後ろに並んでいたウクライナ・ハンガリーのハーフの女性にそこでも助けてもらう。彼女も翌日にブダペストに行きたいらしく、2階にある複雑な売り場まで同行する。通訳してもらい、ブカレスト行きの列車を細かく説明してくれる。不安に思っていたモルドヴァは通らないルートということも分かった。が、お金がないので翌日に窓口で買うことに決め。※ブダペスト行きはモスクワを通る。※モルドヴァはVISAが必要。

翌日、オデッサからフェリーでイスタンブールまで行くことに決めた。ブカレストは夜に着く。そこから夜便に乗れればいいけど、ネットで探したところバスは夕方発のみだったのだ。ブカレストには泊まりたくない。
駅へ出向き、インフォメーションの窓口へ。時間は教えてくれるものの、どこの窓口へ行けばいいか教えてくれない。どちらかと言うと外人は知らんって態度だ。昨日行った翌日券売り場の2階へ行く。ここは一応VIP扱い。たぶん外国人料金の名残だろう。20分ほど並んだ結果、オデッサ行きはないとのこと。あるにはあるけど、50ユーロの高い席しか空いていない。

その後、予定を変更しブカレストでなくソフィアへ行こうと思い立つ。再び並んで聞いた結果はソフィア行きはそもそもない、もしブカレストへ行くなら下の窓口へ行けと言う。その時、前に並んでいたのはドイツ人だった。彼はアルメニアに行きたいらしく、2人の係に挟まれながらルートを確認してた。なんだ、この差は!ヨーロピアンには親切にするのにアジア人に対しては冷たいじゃないか。まあ、彼は彼なりに大変な道を行くんだろうけど。
下に降り、再び2番窓口へ。2番はどうやらブカレスト行きなどのチケット専門窓口のようなのだ。しか~し、ちょうど休憩中。おいおい。私だって休みたい。

窓口が開く。再び20分ほど並ぶ。全く全くウクライナ人の処理能力を疑ってしまう。ロシア人の方がよっぽど機敏である。1人を処理するのに時間を長く要する。後ろでは待ちくたびれた男性が舌打ちを打つ。
ソフィア行きは存在するらしいが、今日はニエット!私が渋い顔をしていると、出発2時間前にここに来いと言う。キャンセル待ちだろうか。でもそんなに待てないし、待ちたくない。

今日は夜便に乗るつもりでいたので、後の時間を楽にするべくチェックアウトぎりぎりに部屋を出た。今考えるとやっぱり早く出るか、昨日両替をしてでも買うべきだった。全てが思ったよりも混んでいるのだ。
今度は駅の隣にあるバス窓口へ行ってみた。確かにブカレスト行きもオデッサ行きもある。だけど所要時間がかなり長い上に、停まっているバスがかなりボロい。アジアの方が上?ってぐらいのレベル。乗りたくな~い。
ヤケになる。涙が出そうになる。係員の悪さと自分の要領の悪さが嫌気がさして自分の膝をバンバン叩く。もう休もう。と思い、もう入るものかと思っていたレストランに入って休んだ。
レストランの人はとっても親切だった。駅などの係員のような公務員はイヤな人が多いが、ウクライナ人は基本的には親切だった。駅を離れればみんないい人だ。全く言葉が通じない私にでも親切にしてくれる。

オデッサは明日便で行こうと思う。もしなければ、キエフにしよう。そこからソフィアに行くか、もしくは飛行機で飛んでしまおうと思った。もう面倒だ。節約ばかりのバックパッカーなんてこちらから捨ててやる(笑)。

あっけなく、オデッサ行きが取れた。土曜の朝着。イスタンブール行きのフェリーはちょうど土曜発なのでオデッサに泊まる必要もない。フェリーはネットで予約もできた。予想外の遅れとなってしまったけど、まあこれでいいだろう・・・。

■info
・市内から駅まではミニバス66番。私が待っていた時は20分ほど来なかったので、トラム6番で行った。歩き方には1番とあったが、ちょうど工事中で走っていなかった。2km弱ぐらいだが頑張れば歩ける距離。50rph
・インターネット 1.75rph/15分 2rph/30分 値段は違う店舗。日本語は読めない。広場、宿付近にある。
・駅内にあるATM2台は使えない。1台は壊れてる、1台はVISA使えん。
・ビールがあまりうまくない!

[PR]

by mayupura | 2006-07-20 00:47 | ヨーロッパ

<< ウクライナの三都市。 物価調査隊がいく(ロシア編) >>