盗難とインディージョーンズと砂丘と。

ヨルダン。ここはシリアより物価が高く、イヤな奴が多い。だけども、見所は多くスバラシイ。旅に出る前もぺトラ、ワディラムは見たい見所のひとつでもあった。結局はワディラムには行っていないけど、ヨルダンは何よりも見所が楽しめた。あと、友達がたくさん増え、一緒に動けたのもおもしろかった。

アンマンは首都。前回、書いたようにここの思い出は盗難・・・。とっても貴重なものを盗まれたのはひどくショックだったけど、周りの親切にも改めて触れた時期でもあり、またチンタラ旅の引き締め時でもあり、まあ悪くはなかった。盗難があったため、アンマンではほとんど観光をせず、警察とホテルの往復ばかりで終わったけど、5泊の滞在でゆっくりはできた。

ぺトラは50色!ものの色の変化が見れるというピンク色の岩の世界。インディージョーンズの舞台にもなっていて、映画の中とシンクロしていておもしろい。
観光は一日券だけ買い、午前と午後と分けて観た。と言うのも、日中は腐るほどに暑く、フツーには観光できやしない。午前は朝日を拝もうと思っていたけど、ゲートが開く時間と朝日が昇る時間が違っていたため諦めた。おい、朝日前に開けろ~。日本人チーム(と言っても全員日本人だけど)は10人ほどでぺトラにやって来たのだけど、それぞれバラバラに出かけた。
朝はまだ涼しい。太陽が真上に来ないうちに日陰の中を歩く。ゲートから続く道の両側は高い高いピンクの岩がずっと続き、おもしろい。それを抜けるとエルハズネという神殿跡が見えてくる。これは午前中に2回、午後に1回と何度か見たけど、時間によって光の当たり方が違っておもしろかった。それを抜けると、今度は階段を上がっていき見晴らしのいい場所を探した。が、どこまで行っても登り、登り。暑くなってきているし、疲れてもきた。残念ながら見晴らしのいい場所は見つからず、ただの無駄に終わった。どうやら私たちは道を間違えていたようで、変に上に来てしまっていたようなのだ。引き返す時も急な斜面が続き、降りるのに苦労した。まるでロッククライミング気分。ま、それはそれでおもしろかった。

午後はホテルで一休みした後、再出発。だるいのでタクシーでゲートまで行き、ゲートからも馬に乗せてもらう。が、ボリボリ社会がはびこっており、高い値段の上に遅いスピード、さらにはすぐ近くの距離までしか乗せていってくれなかった。ひどすぎる。それからしばらく歩いて観光していたけど、ロバに乗ることに決定。一緒にいたケイコちゃんと1頭ずつに跨って遺跡の中を歩き始めた。ロバはいい!速いし、揺れは少ない。しかも一番上までつれてってくれる上に、ベドウィン村まで連れてってくれる。値段も馬に比べたら圧倒的に安い。ロバに乗るのも楽しいし、楽して遺跡をみれるのもイイ。サンセットも名のとおりの「サンセット・ビュー」で堪能できたし、一番星も見れた。帰途は長く暗く疲れるものだったけど、流れ星もいくつか見れたし楽しかった。ベドウィン村は噂とおり、子供がわらわらと近づいてきて新鮮だった。ベドウィンといってもちゃんと普通の民家に住んでいて、それなりに豊かな生活を送っているようだった。
ぺトラは噂とおり色がすごくきれいだし、雰囲気がアリアリでおもしろかった。

 

ワディ・アラバ。ここは観光地化されていない砂漠で、ぺトラのガイドに教えてもらった秘密スポットだ。最初はワディラムに行こうと計画していたけど、「観光地化されていない静かでいい場所」というお誘いについついのってしまったのだ。
ガイドはぺトラのガイド、あとはその友人の運転手。あとはこちら側は3人。1泊宿泊の簡素ツアーみたいなもんだ。昼ごろには着いたけど、暑い。さらにハエがめちゃくちゃ多くて寝てる場合じゃない。でも、たくさんのロバ、ヤギの群れも見れたし、貯水池で気持ちよくスイミングできたのですごい楽しかった。観光客は本当に私たちしかおらず、いるのは現地人のみ。こういうシチュエーションて旅人の心をそそる。

夕日は砂丘の上でロマンティックに~。砂丘は誰も登っていないので当たり前に足跡ひとつない。よく写真で見るような波がたったアノ、あんな感じの砂丘だ。足跡ひとつつけるにも私たちは興奮気味で、ごろーんと横になったり、360度舐めまわしたり楽しかった。夕日もめちゃくちゃ美しかった~。そして、夜の星。そのまま地面に寝袋を引き、星を真上に見ながらの就寝。流れ星もいっぱい見た!花火がおちていくあの瞬間のような強い光がゆっくり落ちていく姿も見た。あんなでっかい流れ星を見たのは生まれて初めてだったので感動した。
いろいろハプニング続きであったもの、ワディラムはすっごくいい場所だった。砂漠も砂丘も観光地化されるとたちまち雰囲気がぶち壊れていくのだ。ワディラムはこのまま静かなままあってほしいな。



アカバ。泊るはずなかった町だけど、身体が疲れていたため1泊。アカバからはエジプト行きのフェリーが出ている。海沿いの町でもあり、泳ぐこともできる。水は思っていたよりも透明できれい。サンゴも多いし、シュノーケルする分にはすごくいい場所だと思う。
ただ何度も言っているけど暑い!南に下れば暑くなるのは当たり前かもしれないけど、今まで一番暑い。日中は部屋にいても寝れないほどだ。

アカバからは日本人10人、団体様でエジプト行きのフェリーに乗った。



[PR]

by mayupura | 2006-08-14 23:53 | 中東

<< ヨルダン(Jordan) お先真っ暗。 >>