ラマダン

ラマダンが始まった。
選んだわけでもないけど、ちょうどスタートの日9/24はイエメンに飛んできた日だ。
国を超えて気が付けば、ラマダン。

ラマダンはじまりの日の空港&機内話。
エジプトの空港のカフェにはごく少ない人数の客がいる。外国人はお茶を飲んでいるけど、現地人は何も頼まない、頼めないまま席に座っている。
中の喫煙室には2、3人の現地人がタバコ吸ってる。
飛行機の中では普通に機内食が出た。みんな断るのかと思いきや、ほとんどの人が食う、飲む。私は通常通りモリモリと食べる。思ったよりおいしいぞ、イエメニア航空。

そして、サナアの旧市街で喉が乾いた私は水を一口。といっても、人気のないところでだ。
「No---!」
とその辺の子供。いいじゃなーいと思い、そのままゴクリ。
「No!」
今度は後ろにいた違う大人に怒られた。
えーーー。水も飲めないなんてひどすぎるー
外国人は本当は免除なんだぞー

昼は水も食べ物もタバコもいけない。半分以上の店が閉まっているし、レストランなどの食系の店は完全に閉じている。どこの国でも楽しみにしている「つまみ食い」もできぬ。
昼、特に朝頃は本当に通りに人気がない。宿のスタッフも昼過ぎていても平気で全員で寝てる。完全に夜型生活を狙っているようだ。

が、日が沈むと違う世界になる。
朝と同様に通りに人気がなくなる。
人がいるかと思いきや、その全員は路上でご飯を食ってる。
そして、昼間よりも店が閉じている。いや、100%に近い確立で店が閉じている。完全に食の世界に突入しているようなのだ。

夜中に活動し、昼間はなるべく動かず、そして日が沈むと食いに走る・・・
そんなん、やらなければいいじゃーん。って・・・

あ、イエメンは日が沈むとタバコ吸ってます。一部の人だけだけど。
タバコも本当はいけないんだぞーーー
[PR]

by mayupura | 2006-09-27 03:03 | 中東

<< ハマーム行って来た! 笑顔と純・イスラム世界。 >>