エジプト情報


国名:Egypt(エジプト)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数) ダハブ(29)、カイロ(11)
期間:2006/08/19~09/14
レート:1ポンド=約20.5円
感想:ダハブが熱い!久しぶりの沈没にダイビング三昧♪かなり楽しめた。また、仲間が一番増えた時期でもありみんなで観光したり夜おしゃべりしたり、旅とは一味違った生活観を感じた。エジプト人はあいかわらず私の中のワーストNo.1!


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆
人     ☆☆☆☆☆☆☆
おもしろさ ★★★★★★☆
清潔さ   ★★☆☆☆☆☆
快適度   ★★★★★☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★★★★☆
見所    ★★★★☆☆☆

data

■移動
◎ダハブ12:30→カイロ22:00 バス72ポンド(交渉結果)・・・ダハブの宿「ペンギンGH」にてチケット購入。ピックアップ尽きのはずが迎えがやって来ない・・・ペンギンにタクシーで向かうと「忘れてた・・・」ひどい。そのまま乗り合わせたタクシーでBTへ向かう。もちろんタクシー代はペンギンが負担。ギリギリの出発だったけど乗ることができた。だけど席が空いていなく、一番後ろの狭い席に座らされた。前日に買ったから前の方のはずなのに~!
BTからカイロ市内まではタクシーで向かう。
◎カイロ→サナア(イエメン)→アディスアベバ(エチオピア) 飛行機21700ポンド・・・サナアはストップオーバーで1ヶ月滞在可能。

■宿
◎ダハブ アラスカ・キャンプ ツイン20ポンド(シェア)・・・広いキッチン、ネットフリーで一時的に日本人宿になっていたが、前に会った日本人強姦事件(未遂)と言い、スタッフの人種差別な行為と言い、最悪だったのでみんなで避難した。そして夏はとてーも暑くてとてもじゃないけどオススメできない。
◎ダハブ ファインティング・カンガルー・キャンプ ツイン20ポンド(シェア)・・・少し奥に入ったところにある静かな宿。長期滞在者(多くがダイブマスター取得中)が住み、居心地は悪くない。キッチンは付いているけど有料。一週間で一人5ポンド。しかし、それでピュアウォーターを使えるのでお得。(ダハブの水は塩水。)
◎カイロ サファリ・ホテル ドミ9ポンド・・・有名な日本人宿。キッチン、シェア飯、漫画、小説、情報ノート、と何でも揃ってる。部屋は汚いけど、女子部屋は許せる範囲。本気で長期滞在しているおもしろい人に会える。

■その他
・ダハブには情報ノートがなかったが、ダイブショップ「deep blue」に設置。
・同じく「deep blue」の横には朝、新鮮な野菜をトラックが売りにやって来る。他の八百屋の野菜はとてもしょぼい。
・お勧めレストランは「クイックリー」とイカ飯を食べさせるシーフードレストラン。有名な「ブッダバー」は値上がりとスタッフのいい加減さにより人気がなくなっている。
・「deep blue」で取るライセンス。オープンウォーター+アドバンス=350ドル。ファンダイブは一本20ドル。日本人のタコさんが指導。
・サンレストランは韓国人と日本人の溜まり場。シュノーケル機材をただで貸してくれる。ご飯やお茶も安い。

・ピラミッド 入場料20ポンド(学割)、中を見るのは100ポンド
・白黒砂漠ツアー 一人100ポンド(7人でチャーター)
・カイロでマラリアの薬を買うと400ポンド!する。(病院にて)その辺の薬局で買える無名の薬は22ポンドほど。
・スーフィーダンスおすすめ。無料なのに最高。サファリホテル近くの場末バーで見れるベリーダンスはぜんぜんおすすめできない。
・日本へ送る宅急便 4kgくらいで3000円ほど。シーシャの葉を送るのはタブー。どうしても送りたいならうまく隠すと良い。
[PR]

by mayupura | 2006-09-24 20:27 | アフリカ

<< 嫌われる人種たち。 safary生活 >>