エチオピア(Ethiopia)


国名:Ethiopia(エチオピア)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数) アディスアベバ(18.5)、アルバミンチ(1)、ジンカ(3)、コンソ(0.5)、ヤベロ(3)
期間:2006/10/09~10/26
レート:1円=約7.8BURR(エチオピアビル)
お金の持ち方:首都にさえATMはない。ただし両替はできる(闇両替がお得)TCかドルキャッシュを持参しよう。基本的にはUSドルを利用。国境では両替ができるが、レートがとても悪いので国内で両替するか全部使い切るのをお薦めする。
感想:アフリカ第一号の国だけあって、後になって考えてみてもNO.1!楽しかった国。自然は偉大で素朴、バオバブの木を始めとする木が「アフリカっぽ~い!」印象が強い。外人も珍しいようだし、英語はほとんど通じないが充分満喫できた。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★★☆
人     ★★★☆☆☆☆
おもしろさ ★★★★☆☆☆
清潔さ   ★★☆☆☆☆☆
快適度   ★★☆☆☆☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★★★☆☆
見所    ★★★★☆☆☆

data

■移動
◎サナア(イエメン)空港19:00→アディスアベバ空港20:30 飛行機2170エジプトポン※エジプトからエチオピア行きの飛行機でイエメンはストップオーバー最大1ヶ月滞在可能。・・・空いていて快適だった。空港から宿まではタクシーで50burr。
◎アディスアベバ6:30→アルバミンチ17:00 バス89burr※ジンカへの通しチケット・・・きつい!最悪!アディスアベバのBTは噂とおり「競馬場」だった。バスの周りに人が群がり、席取り合戦。戦争に負けた私は運転席の隣のエンジン上のクッションに座り、かなり腰を痛めた。アタラさんは3人掛けに座っていたけどこれまたつらかったらしい。黒人はでかい・・・。
◎アルバミンチ5:00→ジンカ15:30・・・同じように競馬状態につらい席。ひとり掛けの助手席に座れたアラタさんは「エチオピアでは助手席の人は眠ってはいけない。眠ると運転手も寝てしまう」という呆れたジンクスにより決して目をつぶることを許されなかった。私は3人掛けだったがまあまあ快適に過ごせた。ほとんど爆酔。
途中の休憩所には少数民族が見れる。もちろん写真を撮ればお金を請求される。
◎ジンカ6:00→コンソ13:00 バス40burr・・・同じように早朝出発。だが今回は過激な席取り合戦は行われず、ふつうに席をget。だが席は一番後ろで揺れる、揺れる。でも久々にアラタさんと隣だったのでまあ許そう。
◎コンソ16:30→ヤベロ19:00頃? トラック荷台25burr・・・アフリカでは最初で最後のトラック荷台移動。景色は最高に素晴らしく、まるでサファリ気分。小動物も見れた。荷台はキツキツではなく、むしろ柔らかい素材のクッションを運んでいたのでそれに座れて快適だった。それまで乗っていたバスより数段にマシ。
◎ヤベロ12:30→モヤレ15:30 小型バス 25burr・・・大混み状態戻る。席には座れないので、通路にバックパックを置いてそこに座る。すぐ横に黒人が迫る。でもまだまだマシな移動だった。バックパックは埃、泥、チャットのクズで汚れたのは痛かったけど。

■宿
◎アディスアベバ Taitu Hotel シングル55.25burr・・・室内にシャワーのみ付いてる。日当たりが悪く、窓を閉めれば夜と同様の明るさだけど、まぁアフリカにしては清潔な方。レセプションもしっかりしていて、セキュリティも万全。
◎アディスアベバ Baro Hotel シングル80、ツイン90burr・・・室内にシャワートイレ付き。外国人のほとんどが泊まっている宿で、清潔で安全。スタッフもフレンドリー。情報ノートあり。レストラン併設。目の前に日本語の打てるネット屋もあり。
◎アルバミンチ Kajire Hotel ダブル40burr・・・バスの運転手が泊まる宿なのでバス停に行かなくても、戦争に参加しなくてもバスに乗れるという勧誘の元宿泊。結局嘘で相当むかついた。部屋はシャワートイレ付きだがあまりきれいじゃない。レストラン併設。
◎ジンカ ジンジャホテル ダブル30burr・・・暗く汚ない。でも一応日本人の常宿となっているようだ。トイレが最悪で汚く臭い、外にある。
◎ヤベロ Green Hotel ダブル30burr・・・さすが田舎、このレベルにしてこの安さ。エチオピアで一番きれいな部屋だった。シャワーのみ付いている。レストラン併設。
◎モヤレ 名前失念 ダブル20burr・・・ここも清潔、きれい。トイレは外にあって汚い。

■その他
・マキアート(ミルク入りコーヒー)がうまい!エチオピアコーヒーがうまい!だいたいどこのカフェ、バーもコーヒーマシーンを持っていて本格的なおいしいものが安く飲める。ビールも同様、安く飲める。ドラフトはぬるいがさらに安い。
・移動は早朝起き、席取り合戦がきつい。バスは大型じゃなく中型なので狭いし汚い。だが乗らなければどこにも行けない。
・チャットが楽しい!ハラル産が一番利くらしい。
・クリスマスは世界的12/25とずれている、カウントダウンもずれている。そして2007年は2000年のミレニアムとなる。イベントに参加したいなら来年がお勧め!
・エチオピアにATMは存在しない。あっても壊れてる。となるとドルからの両替のみ。銀行でもできるが、闇両替がレートが良い。詳細は情報ノートに記載あり。
[PR]

by mayupura | 2006-10-26 21:06 | アフリカ

<< 三十路 金持ちCARでナイロビへGO! >>