Zimbabwe(ジンバブエ)


国名:Zimbabwe(ジンバブエ)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数) ビクトリア・フォールズ(2)、ブラワヨ(1.5)、ハラレ(5)
期間:2006/11/16~11/23
レート:1US$=約225~250Z$(ジンバブエドル※正規レート 1US$=1800Z$(11/20現在)※闇レート
お金の持ち方:街に行けばATMがあるし、両替もできるが二重レートのうちは使わないほうが無難、物価が相当高くついてしまう。なるべく安全に闇両替をしよう。基本的にはUSドルを利用。国境では簡単に両替ができるが、レートが悪い場合もあるので注意。
感想:南まで降りた理由はジンバブエにあった!遠い距離を来た甲斐あり、本当にいい人たちに巡りあえた。アフリカはフレンドリーに見えても実際は裏(お金、身体)を目的としていることが多々あるが、ジンバブエだけは真にいい人たちだった。またビクトリア滝は本当に良かった。また、闇レートで考えながら旅するのも思い出のひとつ。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆
人     ★★★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆☆☆
清潔さ   ★★★☆☆☆☆
快適度   ★★★★☆☆☆
料理    ★★★☆☆☆☆
物価    ★★★☆☆☆☆
見所    ★★★★☆☆☆

data

■移動
◎ビクトリア・フォールズ19:00→ブラワヨ9:30 夜行列車2ndクラス3,800Z$・・・闇レートで買えば激安!の値段。中は3段ベッドの男女別(たぶん)。シーツなどの貸し出しはないが、それなりに清潔で快適。
◎ブラワヨ8:30→マシンゴ12:30 バス55,000Z$・・・ブラワヨのBTはメインBTより200mほど歩いたところから。隣に座ったおじさんと楽しく移動、2×3のシートで混み混み。
◎マシンゴ4:00→ハラレ9:30 バス45,000Z$・・・きれいなバス、しかも空いていた。休憩所もしっかりしていて、どこからか現れたおばちゃんに親切にしてもらう。ハラレには夜到着。不安だったが、親切なカップルが宿の目の前まで送ってくれる。ジンバブエ人、本当に優しい!!!
◎ハラレ7:00(実際の出発は8:30)→ブランタイヤ(マラウィ)18:30 バス17,000Z$・・・モザンビークを経由する国際バス。モザンビークを走るのは約3時間ほど。国境は2度越える。ハラレの中心からBTのあるムラレまでタクシーで6000Z$(早朝)。首都発なのにぼろバス、手続きが何かと遅い。待ち時間多し。

■宿
◎ビクトリア・フォールズ Council Rest Camp キャンプUS$7(ドミ$5)※テント持参・・・高級ホテル!だけどキャンプやドミは普通に良心的な値段。キャンプ場は設備整っており、ホットシャワー、トイレ完備。料理はできないが、BBQぐらいなら準備あれば可能。夜はダンスショーあり。
◎ブラワヨ YMCA ドミ4,200Z$※外国人料金・・・ドミだけど私だけだったので個室。居心地良し。シャワートイレが多数あり、ホットシャワーも出る。とにかくスタッフは親切でいろいろ教えてくれる。周辺のホテルは高いところが多い。駅の近くでシングル6000Z$は発見できた。
◎ハラレ Palm Rock Villa シングル80,000Z$、ダブル100,000Z$・・・シングルなのに3ベッドルームを紹介される。室内は広いし、棚はたくさんあるし、洗面所のある小部屋まである。談話室には日本語の本、情報ノートもあり充実。沈没できる宿。

■その他
・ジンバブエVISA 国境にてUS$30
・モザンビークVISAをハラレで取る。即日30US$、1日待ち25$、2日待ち30$。
・ビクトリアの滝の入場料US$20
・ビクトリア・フォールズのインターネット 1200Z$/1時間
・ブラワヨのインターネット 300Z$/15分
・マシンゴ(グレード・ジンバブエ遺跡近くの町)の宿は高い。US$20~
・ハラレの闇両替 金龍飯店1US$=1800Z$(11/20現在)
・ハラレで髪のエクステンション 20,000Z$+チップ2,000Z$+付け毛5600Z$
・ハラレ市内ミニバス 300Z$

[PR]

by mayupura | 2006-11-23 15:33 | アフリカ

<< 小トレッキング@ゾンバ フレンドリーで親切な人たちに感... >>