親愛なるダライ・ラマ殿へ

あの笑顔。
横に揺れながら話を聞く姿。
ジョークをはさんだり、「はははは!」と笑う姿。
去る時、みんなに愛を送りながら挨拶をする姿。
ダライラマさんは本当に愛に溢れていた・・・。

ダラムサラにてティーチングが行われた。
ダライラマさんの話す言葉はチベット語。
他にトランスレーションとして台湾語、英語、韓国語があるのだけど
あいにく日本語はない。
チベット人で日本語をぺらぺらに操る人に通訳してもらったけど
そもそも難しいチベット密教についての話を日本語に訳すのは至難の技らしい。
途中で断念、、、
でもいいの。
何を話しているかさっぱり分からないけど、こんなに近くでお会いできるだけで幸せ!
常にピースフルなダライラマさんを見ているだけでナットク。
まるでファンクラブに入ったみたい!
車に乗り込む姿を熱心に見てキャーキャー。

1ヶ月近くもいたダラムサラもいよいよ出発し、今朝マナリーに到着!
ダラムサラの景色は最高だったけど、ここも相当スバラシイ!
ヒマラヤがもっと身近に見え、空も高くなった。(標高が200mほど上)
そして、、、温泉!!!
到着後早速行ってみた。
遺跡っぽい昔から使われている石造りの温泉。
湯加減も日本人の感覚で言えばちょうどぴったり!気持ちいい!!
現地人の話によると朝5時ぐらいがいいらしい。
お湯もきれいだし、人が少ない。
がんばって早起きして朝一番風呂に入ろうっと!!にひ。
そして、ヒマーチャール(確かこんな名前)の人の個性!
インド人であるけど、肌も白いし、顔つきも薄め。
昔から同じような生活を送っていて、ゆったり仕事と生活を同時に楽しんでる。
ファッションも特殊で、ちょっとフリフリな感じ。かわいい。絵になる。
そして洗濯が楽しいのって。
宿は「洗濯禁止」って書いてあってど~しよ、っと思ってたけど
温泉があるところで気軽に洗濯できる。
野外で洗濯していると「おばあさんが川で洗濯を~」というイメージに自分がいる。笑
お父さんが食器を洗いに来たり、牛が水のみにやってきたり。のどか~!
ああああ、やっぱりインドはすばらしい。
場所場所によって違うポイントがあって、それぞれに違う楽しみ方がある。
またもやインドの土地に恋してしまったようだ。

・・・老後は1年のうち1ヶ月はここで過ごすのも悪くないなぁ。
[PR]

by mayupura | 2007-07-12 21:36 | インド

<< ふたつの出会いとひとつの洗礼と... 受け入れる、ダラムサラで。 >>