ザンスカール・トレッキング!!



ホースマンは21歳、美形。だからといってgood!とは言えない。そうだよね、ちょっと心配。だけど、彼はすごく働き者。常に何か仕事をしている。料理、馬の世話、そして私の世話。。料理が抜群にうまい。親戚の中でも友人の中でもそれは有名らしい。特に彼の作るモモ(餃子みたいなの)がめちゃくちゃうまい!!たぶん今まで食べたモモの中でナンバー1だろう。唯一の問題と言ったら彼の酒癖だろ。。。よくありがちだけど、得た給料は全て嗜好品に消えていく。彼はそんなにたくさんは飲まないものの、酒好き。後半は毎晩飲んでた。最初は一緒に飲むことを誘われたけど、断ってからはしつこく誘われることもなかった。もっともちゃんと「仕事」していたからいいけど。
でもすごく親切で、言えばわかってくれるので将来、いいガイドになるだろうと私は考える。若い上に私のものを自分のもののように使っているとき、私のヘッドライトの一部をなくされたときはさすがに私も怒ったけど、それを受け入れた、、、ように思える。
さすがにテントで毎夜隣あわせっていうのはしんどかった。隣合わせというのは寒いからなんだけど、本当は私ひとりで寝たかった。いや、でも、それ以上に底冷えが一番つらかったかもなー。※寝袋とダウンジャケット、数枚の布やブランケットで充分だけど、早朝だけがとてもつらい。

景色はさいこう!
ラダックではストックカングリへトレッキングをしたけど、それとはまた違う良さ。
このルートの大部分は道路ができていないので、とても静かだし空気もきれい。
ホースマンとはほとんど離れて歩いていたので、自然ひとり占め!
トレッキングは瞑想だ。夜も満月の元、瞑想。
瞑想しているか、歩いているか、食べているか、寝ているか、どれか。とても贅沢。
言葉ではうまく表現できないので、写真を見てね。

・・・話はザンスカールに遡る。
涙を流しながらレーを去り、カルギル(レーより西、カシミールとの中間地点)に辿り着いた。
パキスタン人みたいな人ばっかだし、田舎だから目線がとても痛い。宿は質の割りに値段が高いし、居心地がいいとは決して言えない町。早く出たいがバスがない、ジープの値段を聞いていれば地元民が20人ぐらい集まってきてこれまた苦笑い。
2日目。小さい方のバスターミナルへ行くと偶然の再会!感激!
日本人のカップルでトルコでしばらく一緒に過ごした仲間だった。一緒にエクリプスのパーティーに行った、同じテント集団で一緒にご飯を共にした。さらに彼らの友達とはインドで会ってる。そしてさらにその前は日本のパーティーで仲間だった。すっごい偶然、こんな片田舎(まともにツーリストがいない)で。バスはない、失恋で心がボコボコって時の再会だけに本気で嬉しかった。笑

カルギルからちょっと下の町までバスに乗る。本当はレーからパドゥムまでダイレクトバスがあるのだけど、知らなかった私はその人気ある?バスに乗ることができなかった。
そこからはバスがないので、バスの運転手が交渉してくれたトラックに乗ることにした。全員男だけど4人いるし、昼間だし大丈夫だろうと考えた。
正解!昼ごはんは食べさせてくれるし(笑)、高い車体から見る景色はさいこう!(もしかしたらトレッキング中より好きかも)写真も撮りまくり!この一帯は湿原地帯なので水気が景色をきれいに映し出す。すてき。。。


が、パドゥムまでなかなか着かない。長い。
しかも、ムスリムであるお兄ちゃんに「キス」と言われた。これは良くない。
夕方頃にランドゥムという小さな村に着いた。約束はパドゥムまでだし、そこまでのお金も払っているけど、身の安全を守るためにそこで降ろしてもらうことにした。宿もあるし、食堂も数軒ある。
標高約4000m。高地には慣れているけど、息切れする。寒い。ブランケット貸してもらえない。しかも、真夜中宿のオーナーが部屋にやってきた。
「何の用??」
「・・・」
「何??」
「ドアを開けろ」
そんな怖い、開けられるわけないだろ!私は無視し、一切ドアを開けなかった。
私の部屋の建物は私以外に誰もおらず、何かあってもおかしくない。
15分ほど頑張っていた彼もあきらめて出て行った。
翌朝、怒り爆発!彼は英語をほとんど話さないので、ごまかす。それがますます憎たらしくって涙を流しながら(※失恋あとですからね、勘弁してください。)怒りまくった。彼の子供の目の前で。一緒にポリスへ行くんだ、と言っても嫌がる。すると、部屋代を50Rs安くされた。そこで終わったが、私はもちろんお金で解決できる問題じゃないと思ったので、ポリスに行ったときに全て話した。他の人にもよくないから、是非あなたから話しといてね、と冷静にオハナシした。

その翌朝、グッドタイミングでパドゥム行きバスがやってきた。席も二人席を独り占めだし、途中の氷河で私の要望により、数分休憩をとってくれた。
氷河はとてもとてもきれいだった。真冬はどんなふうになるんだろ・・・

[PR]

by mayupura | 2007-08-25 22:23 | インド

<< さすがに近況。 山でのシンパシーと失恋。(恋話!) >>