風船とパンプキン

気がつけば、1週間がたってる。

毎日何をしているかというと、なーんにもしてない。
イギリスは噂とおり、毎日が曇空。雲いっぱい。
かつ寒いので、必然的に家の中で過ごす毎日となる。

たまにネットをし、
たまに外に散歩に出、
たまに料理して。

本には集中できない。
ヨガも瞑想もまだここでやってない。
彼ママに要望?されている手作りパンもまだ作ってない。

1000以上あるテレビの衛星放送は日本の放送はない。
けど、家にはワンタッチで全体を温めてくれる暖房システムがあり、
バスタブもあり、
使いやすいキッチンがあり、
過ごしやすい部屋がある。

ぜいたくだーーー。

贅沢すぎて、うまく頭が働かない。

頭がパンプキン。

たぶん、きっと、
インドの旅の疲れがどっと出たんだろう。
うん、うん、そうに違いない。。。
睡眠時間は10時間以上。
でも自分を責めることもない。
すべてはフリーなのだ。

個人的な感想として、イギリスは個人主義だなぁっと思う。でも、
家族間の繋がりはキチンと存在しているし、
愛情表現をちゃんとしているところ、すごいな。
だからと言って依存しているわけでもないし、細かいところまで干渉し合わない。
フシギに感じるのは、隣の家の人以外は近所の人は知らないっていうこと。

-----

時間の使い方。
これって人の性格、生活、環境、家族によってちがう。
たとえば、旅をしているときとOLやってたときの自分はまったく違う。
OLの時は、いかに仕事しているときの時間を過ごすか、
いかに休日を楽しむか、
って時間という概念と戦ってた。
旅をしているとき。
これもそのときの状況によってぜんぜん違う。
急いでいるときはやっぱり時間と戦ってるし、
のんびりしているときは時間が伸びきってて無になってる。

じゃあ、この寒い冬のイギリス生活はどーなんだ?
郷に入れば郷に従え、と言うが、
私はその言葉とおり、特別やることもないここで特別なことをやってない。
前ならそれを自分自身に責めていたかもしれないけど、今はそんなことしない。
今は自分のパンプキン頭の中でスペースを描き、
空の状態に音をのせて、
風船にして遊んでる。

創造するってなんだろ。
絵を描きたい!と思って描いた絵と
なんとなく絵を描いてできた絵はちがう。
なんとなく、の方がいいものができる可能性がなーぜか高い。
(わたしの場合)

きっと
空間を自由に描けるとき、
時間をコントロールしていないとき、
小説家のように!寝ていながら醒めているとき、
身をゆだねてているとき、

きっと違う時空が広がる。
I hope so...

[PR]

by mayupura | 2007-12-11 23:48 | イギリス

<< London's ca... バックパックの荷を解いて >>