9時間遅れて新年がやってきた。

メリークリスマス、
新年明けましておめでとうございます!

クリスマス前になると、彼氏のおばあさんがやって来た。
彼氏と私、彼氏の弟、彼氏のお母さんとその彼氏、そしてその娘とこの家はとても賑やかになった。
大きなクリスマスツリーの下には何日も前から大きいものから小さいものまで、たくさんのクリスマスプレゼントが並べられている。他のヨーロッパの国は知らないけど、ここイギリスではクリスマス25日の午後にいっせいにそれらが開けられる。

b0083405_6301961.jpgクリスマスディナーは午後3時ころ始まる。
七面鳥にハム、サイドディッシュなどすごく優雅。なんでもステキにコーディネートする彼氏のお母さんはやっぱり素敵。レストランに行かなくても、それ以上に楽しめる。
普通イギリスではクリスマスイブから年始まで、朝から晩まで飲み続けるという。イギリス人はヨーロッパの中でもお酒が好きだ、と言われているぐらいだから。でもきっと日本人と同等だろうと思うけど。


彼氏のおばあさんはインド生まれ&育ち。彼氏は1/8インドの血が流れていると長年信じていたようだけど、今回それが違うってことが今になってようやく分かった。おばあさんの血は半分ポルトガルのようだ。
おばあさんとインドの話をした。さすがにほかの誰よりもインドの話に耳を傾けるし、写真も楽しそうに見ている。おばあさんはすっかり私を気に入ってくれたようで嬉しい。



夜も深まると今度はパブへ出かけた。日本では新年に家族が集まるように、クリスマスに家族が集まる。だから近くのパブへ出かければ彼氏の地元友達と会えるのだった。彼氏に聞くと、ほぼ全員知っているとのこと。
メリークリスマス!
みんなすっかり酔払っている。
チュ、チュ!
キスの音もフツーも聞こえてくる。
実は私はまだこれに慣れることができない。異性同士、もしくは女性同士の頬にキス真似する挨拶。なんだか照れくさくってしょうがない。。。異性同士、本当に仲が良かったら軽く口と口でキスするのもまだ信じられない気持ちでじっと見てしまう。笑。

クリスマスの翌日26日はボクシングデーと言って、クリスマスの名残を再び贅沢に過ごす。
でもほとんどみんなが疲れているようで、割と静か。。。
彼氏はインドで、
[イギリス人は年に一回しか掃除しない。日本人はすごい!]
なーんて言ってたけど、彼氏と弟以外はきれい好き。ボクシングデーでもかかさず掃除していて、
[あー、うちの家族よりきれい好きかもー]
なんて思ってしまった。

イギリス人は真面目。
イギリス人はシャイ。(他の国の人に日本人の次にシャイだと言われるらしい)
イギリスは島国。ここはヨーロッパではないと言い張る。
距離は遠いけど、不思議なこの親近感。

新年はロンドンで過ごそうと決めていたけど、急遽変更。
お金が高い(日帰りじゃなければ往復6000円ぐらい!)し、混み合っていてリラックスできないだろうと思ったからだ。さほど遠くない街、レディングへ出かけた。ここにも地元の友達が住んでいる。彼らとディナーをし、パブへ行った。とにかく飲んだ、飲んだ!彼氏は注文に走る、走る。私も気分は悪くなったけど、彼氏はベッドから落ちたし最後の頃の記憶はないし、とにかく新年の光みたいなものは感じられなかった、。でも楽しかったなぁ!

新年が終われば、現実が待ってる。

彼氏は仕事探し。
そして、家族の引越し。
私はここでの生活を取るのか旅を取るのか、選択しなきゃならない。

そんな年末年始でした。ちゃんちゃん!


[PR]

by mayupura | 2008-01-03 06:46 | イギリス

<< 旅アルバム作りました。 ラジオ出演Part.2 >>