「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:オーストラリア( 18 )

ふわふわシドニー。

思い起こすこと2009年夏。
日本を一旦出発したのちにインドへ夏休みっぽく40日。
一旦帰国してからオーストラリアへ渡ったのが8月。
観光visaで入国したので、途中でもう3ヶ月延長。トータル半年弱いたシドニー。
シドニーにいた半年間ってなんだか空白。地に足が着いていないというか、ずっと夢の中に生きているような。

私がいた場所は北のシドニーのアーターモンってところ。
緑が豊かで高級住宅地街でとっても静かでシャンティーなところ。
目の前にパシフィックハイウェイという大通りがあるにもかかわらず、かなり不便で・・・笑
スーパーマーケットまで徒歩20分。
駅まで徒歩20分。
おかげでそんなに無駄遣いせずにすんだのが良かったかなぁ
すぐ近くのブッシュウォークを歩くのが好きだったな・・
月一である駅前の日本食材スーパーのセールに毎月通い、
SUSHIYAという日本食レストランにも何度も行った。
もう既に懐かしいセイントレナード、レインコーブ、ノースシドニー。
2ヶ月間、英語学校にも通ったっけ。そこで友達が初めてできた。主に日本人、韓国人か!

やっぱりなんだかんだ言っても一番の思いではHOME。
広い家、素敵なテラス、なんでも可能なキッチン。
彼氏と住んだ家の中でも期間が一番長くなった家。
特に前半は英語の独学をはじめ、ヨガ、呼吸法ヨガストレッチを毎日してた。
後半は編み物ばっか。
全体的に静かでリラックスした空間の中にずっと身をおいていた。
ここ数年こういう時期があり、かつ、忙しい時期があった。
これが私にとってのベストなペースになったんだろうか。
アクティブで次々に新しいことにチャレンジしていく私にとってはちょっと物足りなかったかな。

海外で生活すること・海外を旅するのってこんなに違うんだなーって思った。
私は特に仕事をもてなかったので生活してて物足りなさを感じてた。仕事してればきっともっと違うんだろうけど・・
やっぱり私は旅が好きだー 
・・・これですね。
[PR]

by mayupura | 2010-02-17 01:16 | オーストラリア

チェンマイへ!

この数日間、実にいろんなことが起きた。

彼氏が中耳炎になっていたため飛行機のチケットを買うことができず、急になったけど、
買いました!
シドニー→バンコク→成田
タイはvisaなしで滞在できる30日間。

ここを出るってことが信じられない・実感がまるでない。

シドニーではいろんなことが起きたような、
な~んにもなかったよう、。
[PR]

by mayupura | 2010-02-05 23:32 | オーストラリア

手作りクロシェ+アクセサリー展。

シドニー滞在中、かなりの頻度でクロシェ(編み物の類に入るが、中でも小物中心)やってました。
いや、、、かなりの暇人ですから;;
全部カウントしてみると、なんとここで50点に近い作品を産み出してしまいました!
コースターを作りまくり、彼氏に「コースターショップでも始めるの?」なんてちゃかされながら、地道にもくもくと編んでは編んで、、、、

この通り!!


これで私もハンドメイドブログ村に参加できるかしら???
[PR]

by mayupura | 2010-01-26 18:14 | オーストラリア

新しくバージョンあっぷ!

かな~り遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
言い訳をしますとね、、私のパソコンのアダプターが火を吹いてしまい、しばらくの間自分のパソコンが使えなかったのです。その間はといえば、彼氏のパソコンをたまに借りて使っていたもので。

アダプターはパナソニック製。ネットで調べるとオーストラリアのネットショッピングでも買えることが分かり、カートにGET!が、、、長くとも7日ほどの発送の予定が待てども待てども届かない。
彼氏にお願いして販売元の会社と郵便局に電話して問い合わせてもらうと、商品はもう既にうちに届いているはずだと言う。紛失の可能性があるか?と訊ねても、そこまでの面倒は見れないと言わんばかりの対応。
たかが20ドル(合計30ドル)。されど20ドル。
オーストラリアと日本はあくまでも違う国であることを思い知らされる瞬間だった。

いろいろ悩んだ。帰国まであと1ヶ月足らず。とっても暇。
英語の勉強は正月明け以降、やる気がまったくない。
クロシェ(編み物)が唯一のイベント事だけど、毛糸がもうない。これ以上買ってもしょうがないし。
パソコンがあれば、日本でのことをもっと調べられるし、かなりのいい暇潰し。
そこでネットでオーストラリア内で買うパソコンの値段を調べてみると結構安い!
最近は日本じゃなくても安くなりつつある+円高+帰国の際の空港での10%のキャッシュバック!を含めると、日本より2万円くらい安い?!

ってことで、東芝のサテライト買いました!!
今までケチって中古しか買ったことがない私が。
新品!バージョンは最新・最速ではないが、ワイド画面にwidows7(結構おもしろい)!

Mozilla Thunderbird(メールソフト)や7やブラウザ版に付けられるガジェットを選んで付けてみたり。
たのしい~
使ってたパソコンも私の脳みそもかなり古いバージョン。
え?こんなこともできるの~?ってことが多い。私はおおよそ8年前にwebのスクールに通ったことあるし、前々職のオフィスでもかなりプログラミングなど勉強した。サイトもいくつか作った。
が、旅してた約4年間はアナログ生活に浸っていたので、その期間のコンピューターの進化を知らずに今にいたった。
便利すぎてToo much!と思う内容もあるけど、慣れてしまったらそこから離れられないんでしょうね~

何はともあれ。

もっと頻繁に更新しますね^^;
[PR]

by mayupura | 2010-01-23 14:06 | オーストラリア

クリスマスキャンプ(シドニーよりサウスコーストへドライブ)

突然決まったキャンプ。
前からそんな感じの計画はあったものの、私は動画作りやクロシェに夢中・彼氏はゲームやネットサーフィン三昧でろくに計画など考えてなかった。
唯一の前準備と言えば、彼氏があるいくつかのレンタカー会社のサイトを日々チェックしてたこと。それはなにかと言うと、お客さんがが借りた場所と違う場所に車を返したとか、要望された車がそのエリアにないとかの場合、レンタカー会社が車を遥々運ばなければならない。それをお客さんにやらせてしまおう、というアイディア。
例えばシドニー~ブリスベン、3日間の期間で車代は1日1~3ドル、ガソリン代全部支給、しかもキャンピングカーとか、嬉しい話。広いオーストラリアにはこういう手の話が結構あって、ネットで募集してる。
なんこか当たってみたけど、シーズン中だけに厳しい。3日とかだとドライブで終わってしまいそうだし、5日以上とかになるともう他が決まってしまってたり。なによりも帰ってくる飛行機の値段が高い!

車+キャンプセット一式ってのもある。キャンプ道具を持っていない私たちには好都合だったけど、もうそこの会社は全部フル。
ってことで、フツーの車をフツーにレンタカーすることに決めた。オンシーズンと言えども1日40ドル代からある。

いろいろ悩んだのが2日前。そして前日にようやくネットで車を予約。そしてその日に買出しにgo!
正直、なんも持ってない。
アウトドアショップを覗くが、たかが4日間の旅のためには高価すぎるものばかり。日本にまで持ち帰る予定はないので使い捨てになるだけだし。
ふと思いついたかのように、彼氏がシェアメイトに電話し始めた。
「思いだした!デイブは前、パースに旅した時キャンプしてたことを。彼はストーブを持ってるはず!」
といった感じで、テント、ガス、コンロ、エアーベッドの空気入れがgetできた。
車も余裕で借りられたし、すべてパーフェクト!

ただし、それでもやっぱり詳細な計画を練ることなく、お互いに
「どこ行く?」
と質問を投げるだけでいつも終了。
当日の朝になって、バタバタと1、2軒のキャンプ場の場所と電話番号などチェックしたぐらい。

とにかく、止まりたいところに止まる、という無謀な計画のまま出発!

借りてきた車には地図本がなかった。フツーありますよねぇ?
カーナビを持たない私たちには必須のものだったのに。(40ドルをけちった)
って感じで、シドニー市街を抜けたとこあたりで早速迷い始めた。
とにかく1号線を南に行けばサウスコーストへ辿り着くのだけど、一瞬看板を見落とすだけで違う道へと出てしまう、、、。しかも持ってる地図はロンリープラネットと地球の歩き方。車のためのガイドブックではないそれらはあんまり役にたたないー

ぐるぐると走り回って、最終的にスタンドで聞いてなんとか1号線に戻った。ふえーー
なにはともあれ、天気はよいし、久しぶりのドライブもたのし~
景色も素晴らしく、いろんなビーチを見、いろんな緑を楽しんだ。

ジャーベスベイという場所がなんとなく候補になった。
キャンプサイトも何軒かあるし、何よりももうそろそろ車から降りたいって頃、ちょうどそれが近くにあったってのが理由。

b0083405_11284099.jpgキャンプサイトの受付にて。(ハチンソン)
この日は23日。考えていたより観光客が遊びに来ていて、キャンプサイトは残り1スペースだと言う。
当初考えていた計画は毎日のように南下して違うキャンプ場に泊まることだった。けど、クリスマス時は混んでいてキャンプ場さえも見つけるのさえ厳しいということと、23日から数日間の予約さえすればこのキャンプ場にステイできるとのレセプションの人のアドバイスを聞き、半分泣く泣くここにいることに決定。目の前には湖?川?があり、ビーチも歩いていける距離にあり、施設も充実していてなかなかいい場所ではあるのだけど、なんかキャンプ場にしては狭い空間で、お隣さんがすぐ隣にいるってことがマイナス点だった。

その夜は早速、BBQをして、ビールをがっぽり飲んで、自然と一緒にリラックス~
テント暮らしもたのしいね~なんて言って、眠りにおちた。

翌朝、ビーチへ泳ぎにいく。
ジャーベスベイとは海の一部が内陸に入り込んでいて、その周り一帯がビーチになっている。中でも静かなビーチを選んだ。風が強いだけに波が高い!泳ぐんじゃなく、波と戯れて遊ぶ。

b0083405_11294884.jpg b0083405_1130567.jpg
ハイムスビーチというところがなんと、ビーチの砂が世界で一番白いと言う。
その前に行った国立公園内のビーチも白く、鳴き砂だったけど、それ以上!
まるで雪の上を歩いているかのような感触。そしてサラサラ!
本当に世界一なのかどうかは分からないけど、ほんとうに白い!
鳴き砂度?が一番高かったのはハイムスビーチの中のまだ砂の色が濃いところ。サラサラすぎると逆に鳴かないみたい。

午後、曇り模様。
もともと風は強かったけど、その風がたくさんの雲を運んできて薄暗くなってきた。そして雨。
余談だけど、彼氏はよく天気の話をする。まるで天気予報するみたいに、雲がこうこうだから、雨がこっちの方向からやってきて・・云々。
「よく天気の話するよね?」と私。
「Oh my Got!イギリス人はよく天気の話をすると言われてる。自分は思いっきりイギリス人なんだ・・」と彼氏、嫌そうな顔して。

風がまっすます強くなってきた。
買物から帰ってくると、テントが、、、
「テントがアンハッピーだよ」と彼氏。
テントの骨組みの一部がもともと壊れていたようで、テープで修復されていたところがガクリと折れてしまってたのだ。
私たち以外の人々はキャラバンとかキャラバン&立派なテントで、私たちの我が家はかなりお粗末。骨組みが壊れて屋根が半壊してるその姿は、大地にベッドを敷きその上に蚊帳を置いてるように見える。ついつい笑ってしまった。。。
まぁなんとかショップで手に入れた骨組み修復セットで直し、雨をよけるためにビニールシートを上からカバーする。なんか前に見たことあるようなこの光景、、あ~私、アフリカでちょうど同じことしてた~(骨組み破損+ビニールシートシェード)
どこに行っても私は私なんだ~なんて思った。そして彼氏と私も似た者同士なんだな~

そういえばこの夜はシーフードBBQをした。エビはぷりっぷり、タコはぷにょぷにょ。
さすがに場所が場所だけあって、シーフードはおいしい、かつ安い。
あ、そういやクリスマスイブでした。

翌日は朝からずっと雨。
去年、上高地に行ったときも後半はずっと雨だったなぁ。彼氏ってもしかして雨オトコ~?
しかも、クリスマス!ではないか~~
しっかりしたお家のある人はワインを片手に、サンタの帽子なんか被って優雅にパーティー。
私たちは雨漏りを気にしながらテントで読書したり、それが嫌になって車の中で遊んだり。はは。

計画は4日間。だけど、翌日まで続く雨に負け、シドニーに帰ることにした。
このままじゃ、テント生活は楽しめない~~

シドニーに帰ればきっと雨はあがるはず、、という甘い期待に反して雨はどこまでもいつまでも降り続けた。さらに夏だというのに寒い。
目に付いた看板「Nan Tien Temple」という大きな中国寺に途中止まった。
さすがにホリデー中の雨の日だけあって、屋外で過ごそうという人々でいっぱい。
雨は降っているけども、庭園とか軽く歩いた。場所がステキな場所で、雨曇りのお陰で神秘的な山々が連なってるのが見える。そしてそれと中国寺院の相性が抜群。まるで桂林にいるみたいな。

b0083405_1131282.jpg b0083405_11305955.jpg b0083405_11314775.jpg

それでもまだお昼。なんとなく考えてた最後の日の計画を実行することになった。ブルーマウンテンだ。
でも相変わらずの雨。でもシドニーの帰り道の寄り道だぁという彼氏に賛同。

ブルーマウンテンはホワイトマウンテンだった。

ブルーマウンテンはかなり大きい。最初は1周しようと思ったけど、とんでもない!かなりの距離。
とにかく行ける所まで行こう。
車窓から見える光景は普通の街、少しの自然、大きな自然は白く曇ってる、ラインだけ見える。
「もう引き返そうよ」
という私の意見で、全ては終了・・・。

でもブルーマウンテンの中にある一般の家は素敵だった。古いイギリススタイルの家、森の中に佇む木作りの家、、、それが一番印象的だったかなー
他にはフルーツ直売の店、オーガニックの畑とか、ブルーマウンテンに住んだら楽しいんだろうな~なんても思った。
[PR]

by mayupura | 2009-12-30 11:37 | オーストラリア

どこに流されていくの?

今年もわずかですねぇ。
みなさま、何してお過ごしですか?

日本は師走の時で、なにかと世話しなく時が過ぎていることでしょう。
ここオーストラリアはさほどそんな気配は感じられず、相変わらずのんびりやってます。
どっちかと言うと、大イベントであるクリスマスに向けて浮き足立っている感じですがね。

私はというと、来週に控えたテストに向けて勉強を、、しないといけないなぁと思ってるところです。
まぁ残すところ学生生活もあと2週間。レベルがアップしようとしなかろうと、オーストラリアのこれらのサティフィケイトは将来そんなに役立たないとみなし、まぁ、せっかく学校で学んだんだからその総復習を兼ねての勉強と思ってます。

----
私のvisaもいよいよ2/22で切れる。
彼氏のvisaは3月はじめに切れ、家の最低滞在期間の半年も2月のはじめに切れる。
どれも似た時期だけど、一番早く切れる賃貸契約に合わせて日本に帰国する可能性が高くなってきた。

日本に帰る、私にとってちょいと重いその計画を考え始めるようになってきた。
オーストラリアのこののんびり感&無職ライフを楽しんでいる今、あの忙しくストレスに満ちた日本に帰るかと思うとちょっと。。。
けど、その反面、半年近く無職で過ごす毎日に飽きていて早く帰りたい自分もいる。
本物の日本食を食し、温泉に浸かり、、。はぁ、、素晴らしい。

家がない私らは逆に言うと、どこにでも行ける。
籍を入れれば彼氏、イギリス人が住める場所に私も住める。例えば、イギリスをはじめとするEU圏。
でもここで英語を母国語としている国はごくわずか。仕事をするまではいかなそう。
イギリス。ネットで彼氏の得意分野の仕事を検索してみると、「0」!!かなりの失業率でしょう、イギリスさん。
というわけで、前から考えていた日本。
なんだかんだいっても私も彼も日本が好きだし、日本は住むのが楽。
東南アジアのどこかに住みたいって夢もお互いにあったけど、思うような金額を稼げないこと、現地人に合わせる面倒さ(ふたりとも面倒くさがり屋デス)を考え、今の時点では保留。

振り返ると引越しや移動ばっかりしてるここ10年。
東京中野ー実家ー東京蒲田ー千葉浦安ー旅ー実家ー旅+イギリスー東京稲城ー旅ーオーストラリア。
かといって私はこういう生活を楽しんでるし、今すぐにマイホームが欲しいかっていうとそうでもない。

注目は東京。
なんだかんだと10年近くこの近辺に住んでいるし、ヘンな話だけど飽きた。
できれば日本でも自然豊かなところに住みたい。=シャンティー
そこででてきたのが宮崎。
前から目を付けていたんだけど、調べれば調べるほど魅力的。
友達から聞いた話によると、インドのゴアに似ているとか。インド帰りの旅人が住み始めることが多いとか。
私の知り合いにも何年も海外にいたあと、日本中を旅し、最終的に見つけた「日本でいちばん美しいところ」が宮崎だったという。

そこで早速賃貸を調べてみると、安~~い!シドニーの1週間分じゃぁないか!
さらに田舎に行くと、一軒家の賃貸も3万円とかである。
さらに仕事を検索。。。な~~い!!!
マッサージの仕事はあるにはあるけど、給料がなんかとても安い。高校生ぐらいの時の時給?苦笑い。
私はまだいい。日本人だから(当たり前)。彼の仕事探しはきっともっと難しいだろう。
沖縄とかはきっともっとひどいんだろうなと思う。宮崎は九州で島ではないから、輸送費もさほどかからないんだろうし。

宮崎にやや虜になってしまった今、東京or神奈川住まいを考えるのは容易じゃない、、、
まずは仕事でお金と思うと、しょうがない。
ん?しょうがない。
お金はないわけじゃない。私たちの生活レベルで考えると、宮崎でも生きていける。
自然の中で、のんびり、海も山もある中でのライフはとても魅力的。
そう思う。けど、彼氏の英語の先生になるっていう未来と、またいつ海外に旅するか分からない状況を考えるとやっぱり都心住まい?

さてさて、どうなるのやら。

どこに行くのかを決める楽しみ

流されるままに、どこかに流れる

どちらも楽しい。

じゃ、ま、いいっか。
[PR]

by mayupura | 2009-12-13 14:38 | オーストラリア

キャンパスライフ♪

英語学校に行き始めて1週間。

最初の月曜日にテストがあって、その結果によってクラスのレベルが決まる。
結果、Pre-Intermidiate(準中級)

下からビギナー、エレメンタリー1、2があって、Pre-Intermidiateがある。
筆記試験はまぁなんとかだったけど、ヒアリングが失敗!
焦ったこと、それに注意事項の説明が長くて問題の始めが分からなかった!のが理由~
なので数字の読み取りさえも;;;
なーんて感じで終わりました。

いざそのクラスに入ってみると、
・・・簡単すぎるっ
授業の半分以上は生徒同士のディスカッション。中でもやや英語の上手なペルーの子と組むことが多いけど、それでも会話が難しい。
って、この私さえ簡単&ゆっくりに話さないと相手に通じない。
テキスト問題でも簡単に解けてしまって、いつも一番のり。
ペルーの子に言われてしまった。
「あなたは英語が話せる。」
自慢じゃありませんよ・・willgoingばかり勉強してるんですから

このクラスで過ごすたびにストレスがたまっていく。
他の子はたいがい若い。そして、滞在期間が長い。
イブニングのコースなので、昼間仕事をしてからやって来る人も多い。
明るく、楽しいクラス。
それはそうなんだけど、私はたかが7週間のコース。
お金も時間も無駄にできない!
自分の英語のレベルを下げながら勉強すること、こんなバカらしいことってない!

そして木曜日。ディレクター(校長先生みたいなもん?)に会い、私が感じてることを伝えた。
「そうねぇ。ヒアリングがあまりよくない点数だったみたいね。あとあなたがIntermidiate(ひとつレベル上)のクラスに入ると、このクラスは22人(!)になってしまうのよね~」
(フツーは平均10~15人くらい)
とディレクター。でもすぐその場でヒアリングの再テストをさせてくれ、、
パスした →Intermidiate(中級)
すっごく嬉しかった~~ぁ

やっぱりね、。代理店の日本人の方とも話をしたけど、日本人って筆記とヒアリング・スピーキングとのレベルに差がありすぎるって。そしてその理由は日本の英語の勉強の仕方にあるって、
・・・そうですよねぇ~。。。
私はまだ海外を放浪しまっくってたし、彼氏もシェアメイトもネイティブだからまだいい方かもしれない。
英語はやっぱり慣れなのかもしれませんね~~

10年ほど前にアメリカに語学留学(これはこれで短く、、4週間)したことがあったけど、日本人率がめちゃ高かった。7割くらい?!
それに比べると、シドニーはインターナショナルでおもしろい。日本人もまぁいるけど少ない。韓国人の方が多い。インド人、中国人は見たことない。多いのは南米。今週のクラスにはモンゴル、インドネシア、タイ、トルコなども。旅中に訪れた国の人たちが多いから、私的には会話に困らない
タイ人の子は正直アクセントが悪くて聞き取りが難しい。(タイって本当そう。)でもすごく真面目に勉強してますねー


今日はクラスで一番雑音を作る!トルコ人の男の子と一緒に帰ってきた。実は家がとっ~ても近所だったことが分かったから!
彼が語るには、トルコで3年ほどアーミーをしていて、ここシドニーでは3年間英語の勉強、そしてそのあとにイギリスに行ってまたアーミーをするとか。全部仕事上の流れなので、学費も一部生活費も政府が賄ってくれるらしい。よく分からないケド。こういう人もいるんですね。
こういうことも言ってました。もしここで悪いことしてもさらっと流してもらえるって。
ちょっと怖いですねぇ。


けっこう楽しい。

久しぶりに休日というものを幸せに感じ・・・

いっぱい友達作るぞ~
って、ほんと、学生ノリですねぇ
[PR]

by mayupura | 2009-11-14 11:40 | オーストラリア

宇宙博物館

b0083405_15394988.jpgb0083405_15402791.jpg
b0083405_15415364.jpgb0083405_15373967.jpg
b0083405_15424932.jpgb0083405_1543971.jpg

b0083405_15524180.jpg シドニーにある博物館へ行ってきた。宇宙・エコロジー・マケドニアの民族衣装・トランスファー・日本デザインの服・アボリジニ女性の活動・コンピューター・オーストラリアの歴史道具などなどかなり多くのコーナーを設けてる博物館で、10ドル。内容はともかくも^^:コストパフォーマンス的には満足度高い。
特に上記に載せた宇宙の写真は美しかった。写真をじっと見ていると引き込まれていき、画像が動いているようにも見えた。


[PR]

by mayupura | 2009-11-01 16:08 | オーストラリア

あたらしい家族。

シェアメイトのデイブがなぜか突然エアーベッドを買ってきた。
今まではごく普通のシングルベッドを使っていたんだけど、どうやらそれは小さくて気に入らないらしい。

b0083405_1757527.jpg見てください!この大きさ。
今まで日本で何度か使ったことあったけど、こんなにしっかりしたのを見るのは初めて。
まず、空気が4分で入る。(実質3分ぐらい)
日本でふたりで買ったエアーベッドは上高地で使ってみたけど、エアーポンプを持っていなかったので一晩中?口でふぅふぅやってた思い出があるので、なんかすごいなぁと思ってしまうのだ。

それにこの高さ。2段重ねになってる。1段重ねのベッドもあったらしいけど、この値段差はたったの10ドルだったとか。

寝た感じは・・・けっこういい感じ♪
エアーベッド特有のあの”揺れ”はあるけど、今までのものと比べたら硬い。

そしてデイブの使い古したベッドはリビングへ・・・
たぶんきっと私のゴロ寝用になることでしょう。
お友達もこれで泊まりにこれますね。
[PR]

by mayupura | 2009-10-22 17:57 | オーストラリア

シドニー水族館

b0083405_2044472.jpg久しぶりにシドニーのシティまで出かけ、かの有名な?シドニー水族館へやって来た。

さすがにオーストラリアだけあって全てがでかい。
水槽も魚も。更に周りの声もでかい。
彼氏いわく、ここは世界でも有数の大きな水族館とか。なるほど納得ナットク。いろんな種類の魚・固有の魚に加え、バリアリーフの生き物をそのまま運んでこれるのだから、すごいに決まってる。

写真でもよく見る水中トンネル。これはやっぱりすごかった。日本でもこういったスタイルの水族館はあるけど、規模はこんなに大きくないんではないんじゃないかと思う。トンネル自体も3箇所ぐらいあって、普通の魚たち・鮫系の生き物たち・グレードバリアリーフエリアと分かれている。
どれも巨大で迫力あり。日本でも見られる生き物もオーストラリアのものになるとサイズがかなり異なる。世界で一番毒をもつタコとか、大きなうなぎとか、なんだかいろんな意味で驚かされた。

水族館と言えばイルカショー、と思ったけど、なぜかオーストラリアではイルカは動物園扱いになるらしい。
ジュゴンだけが哺乳類?鮫と共存しても問題なし?
よく分からないけど、今回の私の一番のお気に入りはジュゴン!
とってもシャンティーでのんびり穏やかに生きていて、癒される。

シドニーに来てほぼ初めての観光。
2ヶ月たってようやくシドニーにいることを実感してる気がする。
シドニーはかなりインターナショナルな町だから、本当にここはオーストラリア?中国じゃなくて?ってことが結構多いし、家に篭ってることが多いからだけど。。。



[PR]

by mayupura | 2009-10-18 20:31 | オーストラリア