カテゴリ:ヨーロッパ( 73 )

ロシアVISA待ち。

早朝に着いた。朝の4時だけどもう太陽も上がり明るい。いよいよ北に来たのを実感だ。ここは日が暮れるのも22時ぐらいなのだ。

あらかじめチェックしていたYHは早朝に着いても、地下にある談話室でネットなりお茶なりすることができる。もちろん宿泊する予定ならタダだ。ただ問題なのがチェックインが昼の1時。それまで地下にいれば問題ないけど移動疲れの身体にはややしんどい。
私が情報ノートを見ていると日本人の前田さんがやって来た。私と同様、フィンランドまで北上した後、ロシアに入るそうだ。数時間後にやって来たウッチーも同じだった。ウッチーはソフィアで会ったことがある。ロシアはVISAやら難しいことが多いので、方向が同じ日本人に出会えたというのは心強い。

VISAは駅の窓口にて申請。VISA代はふざける程に高いのだけど、ロシアのために高額を支払い、即日申請した。窓口のお姉さんは英語を話すし、親切なので唯一助かる。ただ申請のリミットである10時までに受付が間に合わず、翌日扱いになってしまった。さらに出来上がり当日も10分ずつ何度も伸びて遅れ、出来たのはクローズ間際の夕方6時だった。苦労はあったものの、出来上がったVISAを見ると嬉しさが込み上げてくる。これで念願のロシアに行ける!
バルト三国で取るのはまだ簡単な方で、日本やその他の地域でのVISA取得はもっと大変なのだ。

空いた時間は旧市街など観光した。特別におもしろい場所はないけど、教会だけはおもしろかった。今まで見て来た教会は何度も修復されてきれいになっているけど、ここはなぜか昔からそのままの姿で残されている。シンプルかつ壁が一部壊れていたりとある意味、すごく趣きがある。外から見ても古く崩れかかったレンガの壁と高く堂々と建つ姿は遠くから見ても存在感がある。あとは塔に登って高い所から旧市街を見下ろすのも楽しい。



情報ノートを読んでいると、この街で被害を受けた人が何人かいることに気が付いた。ナショナリストという、主に外国人を街から排除しようとしている集団だ。中国人は狙われやすく、見分けのつかない日本人も狙われるという訳だ。被害はお金を盗むという一般的なものだけど、日中の街中でも起きるというから怖い。私はほとんど誰かと行動を共にしていたので心配はなかったけど。でもまあ、たぶん被害に合った人は運が悪かったんだろう。普段は危険な雰囲気は感じられない。ただやっぱり人が冷たい。道を聞いても知らないフリをされたりする。バルトでは人は一番親切と聞いていたけど本当だろうか?


■info
・ダウンタウンホステルでネットがフリーでできるが、旧市街内のネット屋もなかなか安い。日本語も可。その他、コピー、国際電話などもあり。ネットとコピーは学生割引あり。
・ロシアVISAは駅構内の30番窓口にて可能。即日380Lt、4日後仕上げ270Lt。光沢なしの写真でなければ受け取ってくれないので、バスターミナル付近にあるコダックにて撮影、10Lt/4枚。パスポートは預ける。窓口は結構混むので8時頃に並ぶと良い。10時を過ぎると翌日扱いになるので注意。また、ベラルーシVISAの発行も可能。
・中~長距離移動は電車よりバスが安い。早朝に着く便があるので注意。

[PR]

by mayupura | 2006-07-03 23:49 | ヨーロッパ

ポーランド


国名:Poland(ポーランド)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)クラコフ(3)、ワルシャワ(0.5)
期間:2006/06/28~07/01
レート:1PLC=約37.7円=0.25euro
感想:飽きてきたヨーロッパの中でも比較的新鮮に過ごせた国。特にクラコフは町並も自然も少し特徴的。冷たいような空気も逆におもしろめた。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆
人     ★★★☆☆☆☆
おもしろさ ★★★☆☆☆☆
清潔さ   ★★★☆☆☆☆
快適度   ★★★★☆☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★★☆☆☆
見所    ★★★★☆☆☆

data

■移動
◎クラコフ09:00→ワルシャワ14:30 バス380PLN・・・休憩が多く普通に快適。バスは頻繁に出ている。
◎ワルシャワ19:00(定刻は18:30)→ヴィリニュス(リトアニア)翌3:50(リトアニア時間は4:50) バス135PLN・・・着いた時間を除けば快適なバスは。トイレ休憩は少ない。国境ではバス内でパスポートを預け、20分後にはスタンプを押された。もっと安いバスもあるらしい。
※クラコフからワルシャワ行きの列車は、7:00(96PLN),14:00(89PLN),17:00(84PLN) '06/06/28現在

■宿
◎クラコフ Hostel Atlantis ドミ40PLN・・・旧市街と駅の中間ぐらいに位置する安めの宿。フリーインターネット(1台のみ)、コーヒー、紅茶飲み放題。キッチンはないけど湯沸かしのみ可能。ベッドは2段ベッドだけど部屋は広々している。談話室がない代わりに各部屋に席が設けてある。駅を出たら(現在、バスターミナルの場所が変わっているので注意。駅の西側でなく東側に変わっている。)トラム沿いを前方に進み、Hotel Poloniaが見えたら左折。しばらく道なりに800mほど進み、左側にインターネットの看板が見えるのでそれを左折。(途中、citibank,Hotel Monopolを通る)突き当たりを右折、100mほど歩くと右側に看板が見えてくる。早朝チェックインが可能だった。

■使ったお金
447.59PLN=16,874円 一日平均4,219円

[PR]

by mayupura | 2006-07-01 23:46 | ヨーロッパ

新ぴか、ワルシャワ。

朝から雨だった。昨夜はドミ内がうるさくてなかなか寝付けなかったので、朝早くに起きるのがつらかった。眠い目をこすっての出発。チェックアウトでしばしもめたのを始め、上手くトラムに乗れなかったため、バスターミナルの到着がギリギリの10分前。チケットだけは前日に確保しておいたのでバスに乗り込むことはできた。

ワルシャワはドイツに占領されたことにより、建物のほとんどが崩壊された。その後、できる限り元の姿になるように再現された新しい町だ。ほんの数時間の滞在だったけどワルシャワの新しく、ある意味おもしろい建物や雰囲気は堪能できた。
旧市街と言っても、建物は真新しくて数年前どころではなくて去年作った?かのような綺麗ぶり。白やパステルカラー、再現の様子が伝わるレンガ造りの建築物。古き良き文化が残るこそ素晴らしいと今までは思ってはいたけど、ワルシャワのように新しいけだけの雰囲気も意外とおもしろい。これが100年も経てばきっと情緒ある町並になるんであろう。




■info
・よくは分からないけど、ワルシャワのバスターミナルは古くて不便。国内線は普通に乗れるけど、国際線専用窓口が見当たらなかった。ユーロライン窓口もなし。あらかじめクラコフなどで購入するのをオススメする。バスターミナルから市内まではバスの128番で行ける。歩き方に載ってる508番は見当たらなかった。

[PR]

by mayupura | 2006-07-01 23:44 | ヨーロッパ

静かに過ごすポーランド。

クラコフに来て何をやっているかと言うと、お恥ずかしながらネットばかり。泊まっている宿にはフリーで使えるPCがあり、あまり混む事なく自由に使える。あとは町中のネット屋も結構安いので、今日なんて5時間!もやってしまった。主にブログの更新なんだけど、写真の加工などもやらなくちゃいけないから時間のかかること・・・。ま、そんなことはどうでもいいんだけどね。

今、隣ではメキシカンが宴会を始めてる。同室の3人はチェックインの時から一緒なんだけど毎日のように部屋で酒を飲んでいて、毎日のように誘われる。けど男3人と飲むのもナンなので断っている。そうなのだ、この部屋は男しかいない。男は男で気楽な部分はあるけどやっぱり気分は良くない。昨夜なんて別の男性がうるさかった。酒臭い上にでかい鼾。それに加え、でっかい寝言。人のことは全然言えないんだけど、うなされているような怒っているような・・・。なかなか寝付けなかった。

それはさておき、ポーランド人はかわいいと思う。ヨーロピアン独特の太った体型の人が少ないし、顔もロシアに近づいているだけあって端整。小さい顔に白い肌、青い目。西欧より東欧の方が絶対かわいい人が多い。

6/30
日を改めて・・・。
なかなか観光地には出向かなかったのだけど、最後の日の今日やっと教会を見て来た。ん~、意外と素晴らしかった。外見はいろいろなパーツを組み合わせていて不思議なことになっているし、中は厳かで歴史を感じさせる。暗い教会内は淡いオレンジ色の照明とステンドグラスの光で相性がいい。静かで観光客も黙らせる雰囲気がある。私は一枚のステンドグラスの前で感動をしてしまった。ちょうどバックでは賛美歌(中学生ぐらいの集団だったけど大人顔負けの上手さだった。)が流れていたのも理由だけど、なぜか涙が出そうになった。絵の女性の表情がとても優しく映った。まだまだ感動できる自分も発見できて嬉しい(笑)。これでロシア行きも先が明るい!

クラコフは昔の首都だった所で、その時からの古い建物が残されている。だからなのか分からないけど、緑が多い。大通りと平行に横伸びに続く公園は気持ちを和ませる。いい所だ。ポーランドは歴史深く暗いイメージがあったけどその通りで、曇りの日なんてその雰囲気たっぷりだ。たまにはこういうのもいい。


■info
・インターネット 3PLC(旧市街外) 4PLC(旧市街内)/1時間
・IP-phone 国際電話 2.8~PLC/1分
・歩き方に載っている城の入場料はだけど、私が行った時は無料で入れた。

[PR]

by mayupura | 2006-06-29 23:42 | ヨーロッパ

Austria(オーストリア)


国名:Austria(オーストリア)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)ウィーン(2.5)
期間:2006/06/25~06/27
レート:1euro=約148.37円
感想:やっと西ヨーロッパにやって来たんだな~っと感慨がある。町並みや見所はさほどおもしろくないけど、音楽や美術に興味がある人なら楽しめると思う。人は先進国らしく親切な人が多い。サービスも悪くはない。ただヨーロッパ独自(?)ののんびりさは変わらない。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★☆☆☆☆
人     ★★★★★☆☆
おもしろさ ★★★☆☆☆☆
清潔さ   ★★★★★☆☆
快適度   ★★★★★☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★☆☆☆☆☆
見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
◎ウィーン21:00→クラコフ(ポーランド)04:15 バス28.9euro(internet+学割料金)・・・早く着き過ぎたことを除けば快適。途中、2度の国境越えがあった。アジア人だけはパスポートを預けてスタンプを押してもらう。

■宿
◎ウィーン Hostel Ruthensteiner ドミ13.5euro・・・まだ新しくきれいなホステル。キッチン付き。大きなテラスがあり、気持ちいい。自転車レンタルやインターネットは有料。各ベッドにロッカー、ライト付き。レセプションは何かと親切。私は女子専用4人部屋。部屋は12.5euroからある。場所は西駅(West Bahnhof station)から地下鉄方面へ出てMariahilferstrasse通りを右へ行く。2つ目の曲がり角(Sato看板が目印、Haidmannsgasse通り)を左折。すぐ1つ目印を右折。右手にある。歩き方にも掲載あり。

■使ったお金
82.19euro=12,224円 一日平均4,890円

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-27 23:28 | ヨーロッパ

ろくなことできなかった国。

楽しめない、、旅が楽しめてない!
本気でヨーロッパに飽きてしまったんじゃないかと思う今日この頃。ウィーンに来てからさらに拍車がかかった。ウィーンはスロバキアのブラチスラヴァ、チェコと日帰りができてしまうぐらいの距離で、「どうせなら行っとかないと」と軽い気持ちで来たのだ。最初の予定では1泊でいいや、と考えていたけどブダペストで会ったメガネ君に「ウィーンは1泊じゃ足りないかもよ。せめて2泊ぐらいした方がいいよ~」とそそのかされた(?)のである。メガネ君の話はもっとあるので後半でしよう。

つまらない、つまらない。ウィーンがまるで魅力的に映らない。
きれいに彫刻された建物も像も慣れてしまった。太ったヨーロピアンもボンキュッのスタイルのヨーロピアンも見慣れてしまった。早くヨーロッパを出たいという気持ちが日に日に膨らむばかり。
シュテファン寺院だけは目に入った瞬間、驚いた。ひとつひとつの芸が細かいばかりでなく、古く黒ずんだ色をそのままに残しているので、雰囲気がすごくある。外側がすごいなら内側もすごかった。よくありがちなスタイルではあるけど大きく高くきらびやか。絵や彫刻もきれいだった。


ウィーンは音楽の町。が、私ぐらいの人間であればベートーベンとシューベルトの像をパチリと写真に収めれば終了。他にオペラが意外と安くていいと聞いていたけど、オペラ座で聞いた値段は私を困らせるものだったのでやめ。唯一、ウィーン生まれのクリムトが私は好きなので(実はここ生まれであることを到着3日後に知った。)町中に貼ってあるポスター頼りに絵が展示されているところを探した。後述するはずのメガネ君の話をしなければならない。彼からオーストリア版歩き方のコピーをもらったのだけど、大切な所が抜けている!地図はあるけど、関係なさそうなベートーベンらの話がコピーされている。最初に載せられている「地下鉄の乗り方、国境越え」などがコピーされていないし、見所のコピーはシェーンブルン宮殿しかない。旅に慣れていないのだから仕方ないのかもしれないけど、こういう情報だけでは旅しにくい!・・・と言う訳で他の観光地について知識のない私は歩き方回るだけという羽目になった。彼のコピーだけを頼ろうとした私も悪いのだけどね・・・。で、見つかったには見つかった。ただ本物の展示があるミュージアム・クオーターはちょうど今日クローズ、、くやしい~。あとはちょうど見つけたミニ展示(たぶん模倣版)と作品をお土産化したショップだけは見ることができた。簡単なクリムトの生涯だけ勉強になった。

さてメガネ君の話だけどいろいろある。私とヨウ君がメガネ君に聞いたブダペストから外に出る電車運賃は最初の1が抜けてた。つまり「12,000なのに2,000」と言ってきたのだ。大きなミスを犯した。時間に余裕のあった私は良かったけど、その情報を頼りに駅まで買いに行ったヨウ君は怒り爆発であった。あと、前述したコピーの話もしかり、ウィーンの宿の位置も間違えてた。プラハの宿の行き方も間違えてた。間違えるのは旅人にとって日常茶飯事のことかもしれないけど、人にモノを教える時はもっと正確にするべきだと思う。反面教師で勉強になったな~。そして、情報ばかりを頼りにするのもいけないなぁとも思う。。。

今回もまたダラダラ書いてしまってスミマセン・・・。

追記
シェーンブルン宮殿は行かなかった。建築物や内装を見ても今更感動は薄いだろうし、入場料が高かったためだ。どなたか行かれた人がいたら感想を聞かせて~。


■info
・インターネット 2.0euro~/1時間

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-27 23:17 | ヨーロッパ

静かな国。

着いたのは夕方4時前だった。最初はブラチスラヴァを観光すると言っていたヨウ君たちは、面倒になったらしくそのままウィーンに向かうと言う。そう、ブラチスラヴァは何もないので有名だ。私は分かってはいるけど、ひとつの国としてスロバキアを見てみたい気持ちがあったので2時間ほどの間、旧市街とお城を見に行くことにした。

バス停からセンターに向かう道はかなり閑散としている。日曜日だから仕方ないのだけど、歩いている人が私だけ、、って時もあるので妙な感じだ。センターに着くとやっと人々の姿が見え、建物も増えてきた。観光客も少なくはあるけど、広場やお城付近にはカメラを構えた団体観光客がいた。

お城は少し外れの丘の上にある。写真で見た限り「すごい!」とは思えなそうではあったし、時間が限られているので到着して写真を1枚取った瞬間に下に降りた。教会もゴシック様式で古い建物だけど、いろいろ見てしまっている私には感動は無に等しい・・・。
オープンカフェが至る所にあり、休暇を楽しむヨーロピアンで賑わっている。お茶する時間さえなかった私は路上でアイスを買った。小さいけど日本円にして約40円。チェコとは昔同一国であったスロバキアも今ではチェコより物価が安い。3時間ほどの滞在だったけど、いろいろなものが安く感じた。観光地には至らない田舎な首都だった。

追記
英語があまり通じなかった。人々の反応も冷たく薄かった。
でもひとつの国としてスロバキアが見えたので良しとしよう!




■info
・バス停で荷物を1個預けると25Sk(約60円)と安い。トイレも4Kc(約16円)

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-25 23:17 | ヨーロッパ

Slovakia Republic(スロバキア共和国)


国名:Slovakia Republic(スロバキア共和国)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)ブラチスラヴァ(0.5)
期間:2006/06/25
レート:1Sk=約3.9円
感想:噂には聞いていたけど、本当に何もなかった。その何もなさを見に行った訳だけど、そういう意味ではおもしろかった。首都のブラチスラヴァは、日曜日だからなのかかなり閑散としていた。観光客もかなりまばら。印象的なのはチェコより安い物価と人々のそっけなさ。(笑)


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★☆☆☆☆☆
人     ★★☆☆☆☆☆
おもしろさ ★☆☆☆☆☆☆
清潔さ   ★★★★☆☆☆
快適度   ★★★☆☆☆☆
料理    ★★★☆☆☆☆
物価    ★★★★☆☆☆
見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
◎ブラチスラヴァ19:30→ウィーン(オーストリア)20:50 バス200Sk・・・バスはユーロラインできれいな車内だった。ヨーロッパ国境では珍しく外に降りてゲートをくぐり、スタンプを押された。

■宿
なし

■使ったお金
300Kc=1,170円

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-25 23:17 | ヨーロッパ

Czech Republic(チェコ共和国)


国名:Czech Republic(チェコ共和国)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)プラハ(2)、チェスキー・クルムロフ(3.5)
期間:2006/06/22~06/25
レート:1Kc=約5.15円
感想:プラハにしてもチェスキー・クルムロフにしてもお洒落なものが多くて楽しい。観光見所は意外とつまらないものが多いので、街を適当に散策している方が楽しい。時間があれば田舎も行ってみたいと思う。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆
人     ★★★☆☆☆☆
おもしろさ ★★★★★☆☆
清潔さ   ★★★★★☆☆
快適度   ★★★★☆☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★☆☆☆☆
見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
◎プラハ09:25→チェスキー・クルムロフ13:00(定時は12:20) バス172Kc・・・休憩はなかった。朝発のため市内は混んでいて遅れた。
◎チェスキー・クルムロフ7:50→チェスキー・ブディジョヴィス8:25 バス28Kc
 チェスキー・ブディジョヴィス9:00→ブルノ13:15 バス184Kc
 ブルノ13:45→ブラチスラヴァ(スロバキア)15:35 バス230Kc
・・・日曜日だったため乗り継ぎ便しかなかった。上2本はローカルバス。平日は直行便があり、6:50発の1本のみあり。330Kc。

■宿
◎プラハ Hostel Just ドミ243Kc(学割で5Kc安くなった)・・・ELFが満員だったためこちらへ。残念ながらキッチンは付いていないけど、こちらの方が多少安い。シングルベッドが隣り合わせで2組ずつ並んでいて一見、異様。23ベッドの大部屋。バス停から上に線路が走っている方(東、アーチのトンネルが3つ並んでいる所)に進む。しばらくすると通りにぶつかるのでそれを右折。さらに線路下のトンネルをくぐった後、左折(緑色の家が目印)。左側に看板が見えてくる。Justの約50m先にELFがある。バスは133番か207番を利用、1つ目を下車。私のように逆方向に行かないように注意(笑)。トランスファーチケットでない140Kcのチケットで行ける。
◎チェスキー・クルムロフ Hostel Skippy ドミ230Kc・・・広いテラスからは川が眺められて最高に気持ちいい。オーナーがミュージシャンで常に音楽に囲まれる。宿内はとてもお洒落。犬が2匹、しばらくいないとなつかない。インフォメーションに行くと場所を教えてくれる。インフォメーションより約8分。電話:380-728-380

■使ったお金
2,799Kc=14,417円 一日平均2,621円

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-24 23:16 | ヨーロッパ

川と山とかわいい家並みと。

プラハは賛否両論ある。私も一緒にいたヨウ君もゾラちゃんもチェスキー・クルムロフの方がいいと言っている。プラハは都会だけあって最後まで頑張りきれない部分があるんじゃないかと思う。それに比べ、チェスキー・クルムロフは小さな町、自然豊かですごくいい場所だ。

チェスキー・クルムロフ(以下、チェスキーに省略)には、町を大きく囲むように川が流れている。浅い川ではあるけど、カヤッキングで有名で毎日のように観光客が賢明に漕いで頑張ってる。また四方は山に囲まれていて趣き深い。旧市街の中にはビルは建っていなくて、パステルカラーのかわいい家並みが並んでいる。よく見ると家々は長屋のように繋がってる。そして、後先考えずに家を建てたのか、道があるすぐ脇に家を建てたり、ちょうど空いてる土地を生かして建てた家がある。だからなのか壁が軽く湾曲していたりしておもしろい。屋根もまた不思議なカーブを描いていて、かわいらしい煙突と共にメルヘンさを醸し出している。とにかくかわいい。おもちゃ箱の中にいるような、メルヘンの世界に迷いこんだようなそんな気分。

どこからでも見える塔にはたった100円(学生料金)で登れる。上まで行くと町は小さいので全て見下ろせる。川のカーブとかわいい家並みが一気に見下ろせる。ここ以外にもナイス・ビューはあってまた違った雰囲気でチェスキーを楽しめる。
お城を観光することはあまりオススメできない。外から見る分にはおもしろいけど、内部を見る観光ツアーはひどく怠惰。しかも私達は英語ではなくチェコ語ツアーに参加しちゃったものだから全然おもしろくない。内部は特別すごいものではなく、10分も回れば納得できちゃいそうな内容だ。ツアーガイドはそっけなくて無愛想だったし。私にとってはヨーロッパ三大ガッカリの一つとなった・・・。

Hostel kippy。ここはすごく良い。テラスの前には川が流れのんびりくつろげる。オーナーはミュージシャンで歌を歌う。すごく上手いし、たまにライヴをやるらしい。インテリアも凝っていてオシャレ。雰囲気は沈没しちゃいそうな勢いで私達3人はここがとても気に入ってしまった。

最近はヨーロッパを回ってもいてもどうしても急ぎ足だ。そしてその流れで首都などの都会に辿り着く。だけどここを見てしまったら都会はつまらないと思ってしまいそうだ。ヨーロッパの田舎は探せば良い所はいっぱいありそうだぁ・・・。チェコの田舎巡りなんて言ったらすっごく楽しそうだ。

チェスキー、かなーりオススメ!!



■info
・ネットは1Kc/1分。中心の広場にあるネットカフェの1番のみ日本語が読めた。インフォメーションのネットカフェは使えなかった。
・ブラティスラヴァ、もしくはプラハ行きのバスはあるが、ウィーン行きはない。電車はあるけど高い。

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-24 23:15 | ヨーロッパ