カテゴリ:ヨーロッパ( 73 )

おとぎの国、プラハ。

おとぎの国、プラハ。
女の子に聞けば、だいたいの子がオススメする場所。きっとすごいんだろうな~と期待しつついた。でもアレレレ、私は冷めてるんだろうか?旅に疲れているんだろうか?感動ほどのモノは感じられなかった。

ロココ様式やゴシック様式の古い歴史ある建物。縦に鋭く伸び、存在感が強い。存在自体が威厳そのものだ。遠くから見るとそんな風に私にもあっと言わせるけど、じっと装飾を見つめているとすぐに飽きてしまう。例えばローマの普通のマンションビル、例えばブダペストのホテル。そっちのが装飾、彫刻が繊細で素晴らしいと思ってしまう。パステルカラーの建物なんかはラブリーではあるんだけど、特別な感慨が湧かない・・・。あれ~、そう、意外にもブダペストの方がすごかった!ブダペストでは用事がいろいろあってなかなか観光できなかったものの、それでも道を歩けばあっと言わせる建物に遭遇してた。う~ん、そんな事聞いたことないよ!



プラハ城のステンドグラス。

私はヨーロッパに飽きてきているんだろうか。早めにロシアへ行きたいし、最近は頭の中はアフリカ行きのことで頭がいっぱいだ。あと残される私の旅期間は5カ月強なのだ・・・。

次の日は出発という夜、宿でパキスタンから一緒のルートのヨウ君とゾラちゃんと偶然再会した。これで4回目の出会いだ。次のルートも同じだったことから一緒に次の街へ向かうことにした。話し相手がいるのはやっぱり嬉しい。

隣のベッドに韓国人らがいた。車でヨーロッパを回っているらしく、ワールドカップも行くらしい。羨ましい。だけど、滞在2日目の日にパソコンを盗まれていた。鍵をしていなかったので仕方ないかもしれないけど・・・。意外にもプラハは治安が悪い。隣の宿で「ELF」でもバックパックごと盗まれた人がいるとか。どうやら客は長期滞在系が多いようなのだ。


■info
・バスチケットを買う時はまずインフォメーションへ行き、時刻を教えてもらう。値段は買う時でないと教えてくれないので、値段の比較するのは不可能に近い。インターナショナルはユーロラインより「Student Agency」の方が安いらしい。
・プラハ城は他との共通券を買って入るのが一般的だけど、プラハ城(聖ヴィート大聖堂)はチケットがなくても入れる場所があり、充分見ごたえがある。繊細なステンドグラス・・・私はプラハで一番これが良かった。
・バスターミナル内のネットカフェ 0.8Kc/1分

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-21 23:15 | ヨーロッパ

温泉と別れと出発と。

久しぶりに1週間という長い期間同じ場所に滞在した。途中で友達何人かが去って行ったけど、ケイコまたはミツルと過ごした日々は楽しかった。だけど、いよいよブダペストを去る時が来たのだ。

次の地、チェコ行きは夜行バスなので、夕方までケイコとミツルで温泉に出掛た。ブダペストと言えば温泉で有名なのだ。何カ所かあるけど、一番近い温泉に決めた。
最寄りの駅に近づくと、緑豊かな公園があったのでそこでのんびり一服した。結構広々とした公園で気持ちが良かった。温泉はプールから遺跡系温泉まで様々で10種類ぐらいある。特に電気風呂、すっごく速く回る流れるプール、サウナが楽しかった!あと日本の温泉に限りなく近いお風呂があってそこでは本当に癒された。温度もぬるくないし、適温。海外の温泉は満足度が低いけど、ここは温泉とプールが両方楽しめたのでもしかしたら日本のスーパー温泉よりいいかもしれない。
久しぶりの温泉だったし、リフレッシュできて良かった!

バスはインターネット上で予約した。学生割引とネット予約割引を使うと20%も安くなるのだ。少し不安はあったものの、2時間半前に到着。が!窓口が閉まってる!見ると16時で終了している。夜発のバスはいっぱいあるのにどーゆーこと?!
見送りに来てくれたケイコも一緒になってあせった。いざとなったらヘレナに戻ればいい、だけどお金の無駄だ。いろんな人に聞いても一向に分からないのでバス発着の前でしばらく待った。すると、係員がやって来たのでもう一度聞いてみると、あと30分後に窓口が開くとのことだった。思わず嬉しさのあまり握手を交わしてしまった・・・。
それから無事チケットをget。それにしてもパニックっていたのは私達だけだったようだ・・・。

帰りはケイコやミツルが別れにちなんだ歌を歌ってくれた。特にケイコとは何度も再会した仲だったし、久しぶりに気が合った友達だったので別れは本当に寂しかった。旅中、女の子と本当に仲良くなることなんてなかったし、一緒に過ごした日々は本当に楽しかったし新鮮だった。ボロボロに泣きながらバスに乗り込んだ。今は寂しいけどいつか、アフリカ辺りで会えるかな!




■info
・本物の学生証が作れる。証明証は免許証でOK。詳細はヘレナの情報ノートで。ちなみに本人の免許証でなくても作れた人有り。
・近くのネットカフェ「チャットマン」は全て日本語が使えるし、値段も最安。コピーもできる。
・ヘレナからウィーンのキムチハウスに行く予定の人は、チラシの裏にヘレナにサインしてもらってキムチハウスの宿代を安くしてもらおう。
・6月現在、バスは混んでいるので早めに予約を取るのがポイント。電車はべらぼうに高い。

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-19 23:13 | ヨーロッパ

Hungary(ハンガリー)


国名:Hungary(ハンガリー)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)ブダペスト(8)
期間:2006/06/12~06/19
レート:1Ft=約0.55円
感想:物価の安いハンガリーでは買い物やネットなどの用事で忙しく過ごした反面、宿にいる日本人らと遊びに行ったりといろいろ楽しい思い出ができた!


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★★☆
人     ★★★★★★☆
おもしろさ ★★★★★☆☆
清潔さ   ★★★★☆☆☆
快適度   ★★★★★☆☆
料理    ★★★★☆☆☆
物価    ★★★★★☆☆
見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
◎ブダペスト22:30→プラハ(チェコ)翌06:30 バス8,910Ft・・・インターネット予約+学生割引料金。ユーロラインバスで車内もきれいだった。チェックインは21:30から始まった。20:00にBTに着くと、カウンターが全部閉まっているのでビックリした。あせらず窓口が開くのを待ちましょう。

■宿
◎ブダペスト Helena House ドミ1500Ft・・・3泊未満2000Ft、1週間以上1泊分無料。朝コーヒー、ランチ付き。キッチン、冷蔵庫、バスタブ付き。一応男女別。広くてそれなりに清潔。客のほとんどは日本人。情報ノートあり。

■使ったお金
36,252St=19,939円 一日平均2,492円

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-19 23:13 | ヨーロッパ

ワールドカップ~~!

芝生の上に寝っ転がり、大画面でサッカーを観戦できる素晴らしき場所がある。しかも、泊まっているのは日本人宿だから日本人みんなで応援できるのが良い。

しかし、残念でしたね。
オーストラリア戦の時は最初の1点取った時なんかは「ま、当たり前だよね~」なんて軽く思ってたのに、最後の最後に逆転されるなんて。
ちょうど隣には何人かのオージーがいて、点が入ったと同時に別人と化していました。それまでは「おい、お前らは本当にオージーか?」と突っ込みたくなるぐらいに無言で、なんの掛け声も反応もなかった。ある人なんてテレビそっちのけで女の子を目で追ってたりしてたし。でも勝ち始めた途端、歓声を挙げ始めてましたね。帰りは嬉しそうに帰って行きましたよ。チェッ。

同じくクロアチア戦も残念でしたね~。クロアチアなんて、、と少しなめかかっていたけど、いかついガタイ、精神力とたくましさ。完璧に自信をなくしてる日本選手よりエネルギーがありましたね。最後だってあと一歩だったのに残念!
クロアチアはこの前行ったばかりだったので新鮮。赤と白のあの国旗柄も至る所で目にしました。外務省では試合前後の渡航は危険とみなしていたようだけど、問題はなかったのかな?

次はブラジルですね。。。ま、敢えて先は言いません。ただ頑張って欲しいですね。日本は世界の鏡です!(言い過ぎ?)世界は日本を見てます。是非、ブラジルを破って欲しいですね。私は正直、スポーツにはあまり興味がある方ではありませんが、旅をしている今現在は熱い!です。世界の中の日本という国を見るのに良い機会だし、何よりも日本がスキ!なので。

追記(6/22)
ブラジル戦を近くのBARにて観戦。ほとんどのBARはちょうど同じ時間に行われるオーストラリア対クロアチア戦ばかりを予定していたけど、宿からすぐ近くのBARで見せてくれるとのことで落ち着いた。ビールも大ジョッキで100円程度で済んだしラッキー、たぶん街の中心で飲んでいたら2、3倍はしてただろう。店のスタッフも親日的で一緒に応援してくれるし、みんなで盛り上がった。最初の1点は嬉しかったなぁ。負けてしまったけど日本は頑張った!後半はボロボロだったけど、前半は格好良かった。それにしてもブラジルはやっぱりスゴーい。動きが洗練されているし、完全。
今年も優勝して欲しいナ。
[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-18 23:12 | ヨーロッパ

ダンスと音楽と買い物、フェスティバルだ~!

ブダペストのくさり橋付近でちょうどフェスティバルがあった。ライブにダンスと目白押し!

民族衣装を着た人達のフォークダンスを踊りながらのパレードが始まった。ハンガリーだけでなく、ヨーロッパ各地のパレードでそれぞれの衣装でそれぞれのダンスを披露していた。さすがにお国柄が違うだけあって似ているようでそれぞれに異なる。大きな掛け声と共に飛び上がるように踊る国もあれば、慎ましく静かに歩くだけの国もある。女の人はみんなフレアースカードを履いていて、回るときれいに裾が広がってきれい。それにすごくかわいらしい。

それ以外にはステージでの本格的なフォークダンスの披露、なぜかインディアンのライブ&ショップ、バイオリンとピアノのクラシック・コンサート、ハンガリー・ポップのライブなどと、フェスティバル付近にいれば何かにぶつかるというような勢いである。あと、ショップ(出店)がおもしろい。ガラス細工やアクセサリーなど手作り商品が多くて、ついつい覗き込んでしまう。私は楽器を買った。ずっと欲しかった口琴だ。ハンガリーの口琴は有名らしく、音が響いていい。ここのものは楽器屋よりも安いし、ディスカウントもできた。約1500円で気に入ったものが買えたので良かった。(楽器屋は町中にたくさんある。私は楽器屋でもう1個購入!)

余談だけど、ギリシアのダンスは他に比べるとちょっと特殊だった。衣装は貴族風でゴージャス。ダンスはフォークダンスと言うよりはスーフィーダンスに似ている。足を高く上げたり、クルクルと何度も回ったりしてた。ヨーロッパだけどアジアに近いだけあり、アジアの文化も当然ながら混じっているんだなぁって思った瞬間だった。

久しぶりにすごく充実した1日だった。ずっと見たかったヨーロッパのダンスも見れたし、かわいい小物も買い物できて良かった。
[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-17 23:11 | ヨーロッパ

ブダペストで

思ったより物価が安い。宿は7euroで昼飯付き、スーパー行けばクロアチアの半分ぐらいのプライスで買い物できてしまう。古着屋だってある。ネットだって3時間やれば1時間当たり50円だ。宿には情報ノートもあるし、ここから出る飛行機も安いし、情報収集・旅の休憩には持って来いの場所だ。

オンナ3人に囲まれ、やや窮屈そうにしていたマサトも宿で友達を作り楽しい日々を送っている。ユッコは帰国に向けての準備で忙しく走り回っている。そんな2人とももうお別れだ。ユッコとはゆっくり話せる時間があまりなかったのでまだ心名残があるけど、またいつか会えそうだ。
最後の夜にみんなでくさり橋と砦の夜景を見に行った。ブダペストは昼に見ると大都会のように感じるけど、夜は意外とネオンが少ない。派手ではないけど、オレンジ色に統一された柔らかいネオンがきれい。みんなで写真撮りまくりながら、いろんな話をした。みんなで夜景を見に来るなんて日本でも滅多にない。こうやって旅中に出会った同士でやって来るのはほんと、いい思い出になる。
ありがとう、ユッコ。マサト。

2人が去ると、私もケイコも雑用に追われた。二人ともアフリカという困難な予定を抱えている。ケイコは黄熱病の予防接種を打ってないのでその情報検索、ルート決め。私はブダペスト後の予定とバス予約、ロシアとアフリカのルート決めに忙しい。買いたいものもいっぱいあるし、でも他の人とも交流もしたい。いろいろ考え過ぎて訳が分からなくなるし、1日が早く終わってしまう。毎日が反省だ。あと、ブダペストの街は単純なようで複雑だ。どこに行っても通りが似ていて迷いやすい。ケイコも私と同様、地図との格闘で頑張ってる。

毎日があっという間ではあるけど、ここでの滞在は妙に安心する。日本人に囲まれ、談笑する。物価も安いので安心して滞在もできる。街の雰囲気も趣きあるし楽しめる。私はブダペストが好きだ。
[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-16 23:11 | ヨーロッパ

Bosnia Herzegovina(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)


国名:Bosnia Herzegovina(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)サラエヴォ(0.5)
期間:2006/06/11
レート:1Km=約70円
感想:クロアチアからハンガリーの移動の乗り換え地点として半日いたのみ。町の雰囲気の重さと人々の悲しみをひしひしと感じた。でもいい勉強になったかな・・・。


data

■移動
◎サラエヴォ20:32→ブタペスト(ハンガリー)09:00 列車89.30Km・・・車両が2両しかない!車内は結構混んでいた。私達4人は6人掛け席1室を貸し切って使った。席と席の間にバックパックを敷き詰め、フラット状態にして川の字状態で就寝。みんな爆睡してた。

■宿
なし。

■使ったお金
93.5km=6,545円

[PR]

by mayupura | 2006-06-11 23:59 | ヨーロッパ

癒えない傷。

ケイコたちはザグレブ経由でハンガリーを目指そうとしていたけど、私の予定に合わせ、一緒にサラエヴォ経由でハンガリーを目指すことにした。ヤングマンは次はイタリアに向かうのでドブロヴニクでお別れ。ヤングマンとはイランでも会った事があったぐらいだし、名残惜しい。帰国を間近にするユッコとマサトとはハンガリーのブダペストまで一緒に行く予定だ。

サラエヴォの地理は難しい。
ちょうど日曜日であり、歩き方に載ってた「トラムの○番(番号は失念)に乗れば町を軽く一周できて良い。」そのトラムは休業だと言う。仕方ないので町の人に聞きながら、ようやく旧市街(一番の見所)に辿り着いた。帰り方もまた難しいのだけど、運良くダイレクトで駅近くに行くバスに乗り込めたので良かった。
不思議というか、仕方ないことなのだけど、駅付近と旧市街では人種地区が異なる。駅はボスニア人地区なのに対し、旧市街はイスラム人地区となる。まだ10年という記憶に新しい戦争の古傷を残し、お互いの感情も決して癒えることない。駅で旧市街の行き方を聞いてもまともに答えてくれる人がいないのだ。トラムやバスもダイレクトで行くものはごく限られる。私達は行きのバスの中で、たまたま居合わせたムスリム女性が親切に案内してくれたので助かったけど。ひとつの国で完全に移住地区を分けるのは何とも悲しい。

旧市街は一見、普通だけどビルのあちこちに弾劾の跡が痛々しく残っている。私らは空しくもそれを写真に収めるのだけど、何か腑に落ちない。
イスラム地区だけあって、久しぶりにアジアの空気を味わった。トルコ風のバティックを売る店、アジア風の木造りの家、和式のトイレ・・・。ただ空気は冷たく、悲しみを今でも引きずった人々が緩慢に行き来してる。何とも形容し難いけど。

みんなの荷物をキープしている時のこと。何人目かの物乞いがやってきた。おばあさんで脇には赤ちゃんを抱えている。断っても離れてくれず、ますます私に近づいて来る。ふと怪しいなと思い、下を見ると財布が3cmほど出ている所だった。危なかった。あばあさんだったため動きが緩慢ですぐに気づけたけど。油断は禁物だ。

サラエヴォは最初は一人で行く予定だったけど、みんなで行けて本当に良かったと思う。一人じゃ凹む一方だし、つらい。ケイコは人一倍感じやすい子なので大変だったようだ。ここは一人で来る場所じゃない。
結局私達は「戦争を知らない子供たち」であり、イメージでしか考えられない。今回は10年前という、まだ記憶に新しく、悲しみから癒えてない場所を訪れた。それで何かが分かる訳ではないけど、住民の生きる気力さえない無表情を見ていると戦争は全てを駄目にすると実感せざる得ない。世界中を平和に・・・と言うことは簡単だけど、実際に犠牲者になったらそう簡単には口に出せないんだろうなと思う。

帰りは4人でコンパーメントを占領し、雑魚寝で寝た。出発直後には戦争で亡くなった人々のぎっしり詰まった墓を車窓から見た。ショッキングな光景だったけど、みんなで一緒にくっついて寝たので、みんなそれぞれ安眠できた。


■info
・前述したけど日曜日はオススメできない。近くの両替屋もスーパーも休み。

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-11 23:02 | ヨーロッパ

Croatia(クロアチア)


国名:Croatia(クロアチア)
訪れた場所:(※特に楽しかった場所は太文字、()内は滞在日数)ザグレブ(0.5)、スプリット(2.5)、ドブロヴニク(3.5)
期間:2006/06/06~06/11
レート:1kn=約20.2円
感想:移動続きで身体が疲れていたけど、ドブロヴニクで友達に会えたお陰で楽しい滞在となった。クロアチアは観光地でツーリストがいっぱいだけど、何よりも自然がきれい。


満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆
人     ★★★★☆☆☆
おもしろさ ★★★★☆☆☆
清潔さ   ★★★★☆☆☆
快適度   ★★★★☆☆☆
料理    ★★★☆☆☆☆
物価    ★★☆☆☆☆☆
見所    ★★★★☆☆☆

data

■移動
◎ザグレブ23:57→スプリット7:00 列車106.40Kn・・・スリーパーじゃないけど、3席を使って完全に横になれたので爆睡。車内もまあまあ奇麗。
◎スプリット←→トロギール約45分 バス行き12Kn帰り19Kn・・・帰りはローカルオンボロバスなのに高かった。しかも、港のバス停じゃなくてやや郊外に到着。
◎スプリット10:35→ドヴロブニク14:30 バス99Kn(荷物預け料5Kn)・・・景色が抜群に良し。
◎ドヴロブニク8:00→サラエボ(ボスニア・ヘルチェゴヴィナ)14:00 バス160Kn(荷物預け料8Kn)・・・休憩も多く、普通に極楽。

■宿
◎スプリット NEDOさん宅 プライベートルーム(ツイン)120Kn・・・他の宿は150Knぐらい。キッチン、冷蔵庫、バストイレ(バスタブあり)、テレビ、エアコン付き。古い建物で部屋も狭いが、NEDOさんはいい人なんで良しとする。住所:Barica 3 Split 電話:+385(0)98-929-3094
◎ドヴロブニク Nevzeta Custovic宅 プライベートルーム130Kn・・・キッチン、冷蔵庫、バストイレ(共同)、テラス付き。高台にあるので景色がいい。陽気なおばちゃん経営。住所:I.G.Kovacica 53 2000 電話:020-418-547
◎ドヴロブニク Nevzetaさん友人宅 プライベートルーム70Kn/1per(5人で2ベッド計350Kn)・・・キッチン、冷蔵庫、テラス、共同リビングにテレビ。きれいで雰囲気も良い。

■使ったお金
915.5Kn=18,490円 一日平均3,698円

[PR]

by mayupura | 2006-06-10 23:40 | ヨーロッパ

蒼い海と無人島と、仲間と!

ケイコ、ユッコ、マサト、ヤングと5人でシェアした部屋はとっても快適。キッチンがかつてないぐらいに快適で、大きなガスコンロ、冷蔵庫、トースターやオーブン、コーヒーマシーンや謎の調理器具など至れり尽くせり。ベッドは5人に対して3つしかないのだけどノープロブレムだし、部屋は広い。隣のリビングにはテレビもあり、始まったばかりのワールドカップの観戦もできる。そして部屋に付いたベランダ+外の広いテラス。海も見える。これらが家族と共有ではなく、完全な客専用ということがスゴイ。清潔だしかなり極楽ライフ♪

5人で過ごした2日間はとっても楽しかった。旧市街を見に行ったり、一緒にスーパーで買い物し、おいしい料理を作ってみんなで食べたり。私以外の4人は2ケ月ぐらい一緒に住んでいたので、私は入りこみにくいかな?って一時は考えたけど全然そんなことはなくて、気を使い、使い過ぎず、楽しく加わることができたのが嬉しい。

10日はケイコの誕生日。ささやかだけどそれぞれにプレゼントを渡し、ケーキ(プリンだけど笑)を食べた。0時きっかりにスタートし、ちゃんと火(ライターだけど笑)も消した。何も知らなかったケイコは大喜びだった。おめでと~~!旅中にみんなに祝ってもらえるなんて本当嬉しいことだよね。

誕生日の日はみんなで近くの島に出掛けた。ドブロヴニクだけにツーリスティックなんだろうな~、無人島と歌っているけどお店も普通にあるんだろうな~って思ってたけど、ここはPEACEfulでいい場所だった。自然は豊か、海はきれい。死海と呼ばれるエメラルドグリーンの湖に行ったり、持参したサンドウィッチを食べたり(すごいうま~い!)、クジャクが羽根を開くのを感心して見たり。
最後は秘密基地を発見した。他の人がやって来ることがないのだ。すぐそこは断崖絶壁で青い海が、丸くアーチを描く水平線が見える。とってもきれい。その前面は岩のトンネルになっていて下は小さな水溜りになってる。さらに、その辺の岩床は不思議と平らで座ったり横になったりするのに最適。私は一人で爆睡を決めてしまった。みんなと会えた安心感でホッとし過ぎ?



ドブロヴニクはいい所だと思う。旧市街はちょっとツーリスティック過ぎるし、(城塞は楽しいらしい。ケイコとユッコだけ登った。)物価が高いけど過ごし方によっては本当いいトコロ。私の場合は特にみんなと会えたから倍以上楽しめた!島もオススメ!


■info
・旧市街の城塞は学生証があれば20Knで入れる(偽物可)。ないと50Kn。
・港やバス停付近の宿は旧市街よりも安いと聞いていたけど、旧市街の方でも探せばプライベートルームは100Knで見つかる。(1人1部屋の場合)勧誘してくる宿は値段が高い可能性あり。
・スプリット、もしくはモンテネグロ方面からバスでやって来ると海岸線を走り、岩山の横を間近に走る。とてもきれい。

[PR]

by MAYUPURA | 2006-06-10 23:01 | ヨーロッパ