<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

自己紹介

旅のルートをご覧ください。

2004年の終わりから世界一周を目指し旅立ち、元カレと2年半ほど海外を放浪。
世界一周の夢は果たせなかったけど、旅の夢は果てしなく続く。

帰国して半年も経たないうちに旅再出発。
インドー西欧ー南米を目指したけど、インドに沈没してる間に今の彼と出会う。
そのまま彼の故郷イギリスへ一緒に帰る。
そして、ひとりで帰国、そして知る人ぞ知る私の2ヶ月間の入院。

それからオーストラリアにワーキングホリデーで働いてる彼のところへ遊びに行ったり、彼が日本に来てくれたりと約1年間遠距離恋愛する。

そして2009~2010年、今はオーストラリアに住んでいます。
帰国は2010年の2月の予定です。


1976年茨城県生まれ。
20歳の頃から東京都内をふらふらしてた。
28歳からめっきり海外をふらふら。ぷらぷらか。

基本は旅人、仕事しているなーと思うときはタイ古式マッサージ師です。
作ることが大好き。
飽きっぽいのが私のプロブレム。何事も中途半端なことが多い。

旅していなくてもまゆぷらをよろしくお願いします!
南米の夢は今でも持ち続けています。
[PR]

by mayupura | 2009-12-31 21:34 | 紹介

クリスマスキャンプ(シドニーよりサウスコーストへドライブ)

突然決まったキャンプ。
前からそんな感じの計画はあったものの、私は動画作りやクロシェに夢中・彼氏はゲームやネットサーフィン三昧でろくに計画など考えてなかった。
唯一の前準備と言えば、彼氏があるいくつかのレンタカー会社のサイトを日々チェックしてたこと。それはなにかと言うと、お客さんがが借りた場所と違う場所に車を返したとか、要望された車がそのエリアにないとかの場合、レンタカー会社が車を遥々運ばなければならない。それをお客さんにやらせてしまおう、というアイディア。
例えばシドニー~ブリスベン、3日間の期間で車代は1日1~3ドル、ガソリン代全部支給、しかもキャンピングカーとか、嬉しい話。広いオーストラリアにはこういう手の話が結構あって、ネットで募集してる。
なんこか当たってみたけど、シーズン中だけに厳しい。3日とかだとドライブで終わってしまいそうだし、5日以上とかになるともう他が決まってしまってたり。なによりも帰ってくる飛行機の値段が高い!

車+キャンプセット一式ってのもある。キャンプ道具を持っていない私たちには好都合だったけど、もうそこの会社は全部フル。
ってことで、フツーの車をフツーにレンタカーすることに決めた。オンシーズンと言えども1日40ドル代からある。

いろいろ悩んだのが2日前。そして前日にようやくネットで車を予約。そしてその日に買出しにgo!
正直、なんも持ってない。
アウトドアショップを覗くが、たかが4日間の旅のためには高価すぎるものばかり。日本にまで持ち帰る予定はないので使い捨てになるだけだし。
ふと思いついたかのように、彼氏がシェアメイトに電話し始めた。
「思いだした!デイブは前、パースに旅した時キャンプしてたことを。彼はストーブを持ってるはず!」
といった感じで、テント、ガス、コンロ、エアーベッドの空気入れがgetできた。
車も余裕で借りられたし、すべてパーフェクト!

ただし、それでもやっぱり詳細な計画を練ることなく、お互いに
「どこ行く?」
と質問を投げるだけでいつも終了。
当日の朝になって、バタバタと1、2軒のキャンプ場の場所と電話番号などチェックしたぐらい。

とにかく、止まりたいところに止まる、という無謀な計画のまま出発!

借りてきた車には地図本がなかった。フツーありますよねぇ?
カーナビを持たない私たちには必須のものだったのに。(40ドルをけちった)
って感じで、シドニー市街を抜けたとこあたりで早速迷い始めた。
とにかく1号線を南に行けばサウスコーストへ辿り着くのだけど、一瞬看板を見落とすだけで違う道へと出てしまう、、、。しかも持ってる地図はロンリープラネットと地球の歩き方。車のためのガイドブックではないそれらはあんまり役にたたないー

ぐるぐると走り回って、最終的にスタンドで聞いてなんとか1号線に戻った。ふえーー
なにはともあれ、天気はよいし、久しぶりのドライブもたのし~
景色も素晴らしく、いろんなビーチを見、いろんな緑を楽しんだ。

ジャーベスベイという場所がなんとなく候補になった。
キャンプサイトも何軒かあるし、何よりももうそろそろ車から降りたいって頃、ちょうどそれが近くにあったってのが理由。

b0083405_11284099.jpgキャンプサイトの受付にて。(ハチンソン)
この日は23日。考えていたより観光客が遊びに来ていて、キャンプサイトは残り1スペースだと言う。
当初考えていた計画は毎日のように南下して違うキャンプ場に泊まることだった。けど、クリスマス時は混んでいてキャンプ場さえも見つけるのさえ厳しいということと、23日から数日間の予約さえすればこのキャンプ場にステイできるとのレセプションの人のアドバイスを聞き、半分泣く泣くここにいることに決定。目の前には湖?川?があり、ビーチも歩いていける距離にあり、施設も充実していてなかなかいい場所ではあるのだけど、なんかキャンプ場にしては狭い空間で、お隣さんがすぐ隣にいるってことがマイナス点だった。

その夜は早速、BBQをして、ビールをがっぽり飲んで、自然と一緒にリラックス~
テント暮らしもたのしいね~なんて言って、眠りにおちた。

翌朝、ビーチへ泳ぎにいく。
ジャーベスベイとは海の一部が内陸に入り込んでいて、その周り一帯がビーチになっている。中でも静かなビーチを選んだ。風が強いだけに波が高い!泳ぐんじゃなく、波と戯れて遊ぶ。

b0083405_11294884.jpg b0083405_1130567.jpg
ハイムスビーチというところがなんと、ビーチの砂が世界で一番白いと言う。
その前に行った国立公園内のビーチも白く、鳴き砂だったけど、それ以上!
まるで雪の上を歩いているかのような感触。そしてサラサラ!
本当に世界一なのかどうかは分からないけど、ほんとうに白い!
鳴き砂度?が一番高かったのはハイムスビーチの中のまだ砂の色が濃いところ。サラサラすぎると逆に鳴かないみたい。

午後、曇り模様。
もともと風は強かったけど、その風がたくさんの雲を運んできて薄暗くなってきた。そして雨。
余談だけど、彼氏はよく天気の話をする。まるで天気予報するみたいに、雲がこうこうだから、雨がこっちの方向からやってきて・・云々。
「よく天気の話するよね?」と私。
「Oh my Got!イギリス人はよく天気の話をすると言われてる。自分は思いっきりイギリス人なんだ・・」と彼氏、嫌そうな顔して。

風がまっすます強くなってきた。
買物から帰ってくると、テントが、、、
「テントがアンハッピーだよ」と彼氏。
テントの骨組みの一部がもともと壊れていたようで、テープで修復されていたところがガクリと折れてしまってたのだ。
私たち以外の人々はキャラバンとかキャラバン&立派なテントで、私たちの我が家はかなりお粗末。骨組みが壊れて屋根が半壊してるその姿は、大地にベッドを敷きその上に蚊帳を置いてるように見える。ついつい笑ってしまった。。。
まぁなんとかショップで手に入れた骨組み修復セットで直し、雨をよけるためにビニールシートを上からカバーする。なんか前に見たことあるようなこの光景、、あ~私、アフリカでちょうど同じことしてた~(骨組み破損+ビニールシートシェード)
どこに行っても私は私なんだ~なんて思った。そして彼氏と私も似た者同士なんだな~

そういえばこの夜はシーフードBBQをした。エビはぷりっぷり、タコはぷにょぷにょ。
さすがに場所が場所だけあって、シーフードはおいしい、かつ安い。
あ、そういやクリスマスイブでした。

翌日は朝からずっと雨。
去年、上高地に行ったときも後半はずっと雨だったなぁ。彼氏ってもしかして雨オトコ~?
しかも、クリスマス!ではないか~~
しっかりしたお家のある人はワインを片手に、サンタの帽子なんか被って優雅にパーティー。
私たちは雨漏りを気にしながらテントで読書したり、それが嫌になって車の中で遊んだり。はは。

計画は4日間。だけど、翌日まで続く雨に負け、シドニーに帰ることにした。
このままじゃ、テント生活は楽しめない~~

シドニーに帰ればきっと雨はあがるはず、、という甘い期待に反して雨はどこまでもいつまでも降り続けた。さらに夏だというのに寒い。
目に付いた看板「Nan Tien Temple」という大きな中国寺に途中止まった。
さすがにホリデー中の雨の日だけあって、屋外で過ごそうという人々でいっぱい。
雨は降っているけども、庭園とか軽く歩いた。場所がステキな場所で、雨曇りのお陰で神秘的な山々が連なってるのが見える。そしてそれと中国寺院の相性が抜群。まるで桂林にいるみたいな。

b0083405_1131282.jpg b0083405_11305955.jpg b0083405_11314775.jpg

それでもまだお昼。なんとなく考えてた最後の日の計画を実行することになった。ブルーマウンテンだ。
でも相変わらずの雨。でもシドニーの帰り道の寄り道だぁという彼氏に賛同。

ブルーマウンテンはホワイトマウンテンだった。

ブルーマウンテンはかなり大きい。最初は1周しようと思ったけど、とんでもない!かなりの距離。
とにかく行ける所まで行こう。
車窓から見える光景は普通の街、少しの自然、大きな自然は白く曇ってる、ラインだけ見える。
「もう引き返そうよ」
という私の意見で、全ては終了・・・。

でもブルーマウンテンの中にある一般の家は素敵だった。古いイギリススタイルの家、森の中に佇む木作りの家、、、それが一番印象的だったかなー
他にはフルーツ直売の店、オーガニックの畑とか、ブルーマウンテンに住んだら楽しいんだろうな~なんても思った。
[PR]

by mayupura | 2009-12-30 11:37 | オーストラリア

ヴァラナシで見た日食の動画

続いて、2009年に行ったインドの動画。
これはヴァラナシで見た日食(トータル・エクリプス)の映像に絞ったものです。
カメラがフツーのものなので、美しい日食の映像はありませんが・・・ご了承ください。


[PR]

by mayupura | 2009-12-27 18:08 | インド

ラダックとザンスカールの動画

世界一周バイヤーに応募して以来、すっかり動画作りにはまってしまった私。
前回はなんとなく2004~2006年くらいの動画を集めて作ったので、今回は2007年にインドへ行ったときの動画を作りました!トレッキングしたときの自然の映像をメインに、ローカルな人々やダンスも見れます。
あと最後に南のケララのバックウォーターの旅もお楽しみ下さい。椰子の木がスゴイです。
写真で見る風景もいいけど、動くリアルな映像も楽しい!ですよね!


[PR]

by mayupura | 2009-12-27 18:05 | インド

世界の民族・文化

世界ぷらぷら」にて、昔書いていた「太陽の下のcafe」の紹介です!

http://www.sekai-purapura.com/etc/05suncafe/

この中の世界の民族・文化が一番バイヤーとして生かせる情報かな~なんて思いまして。
紹介動画とだぶる写真が多々ありますが、。

このページで個人的に気に入ってることは、サイトのデザイン★
フラッシュも自分で作ってます。

良かったら覗いてみて下さい。
ただし、情報は古いですが!
[PR]

by mayupura | 2009-12-22 20:37 | 旅で思ふ。

世界一周雑貨バイヤーに応募!!

偶然見つけました、「カラメル」。
世界一周雑貨バイヤー募集!!
世界を廻り、ユニークな雑貨を買い付けるバイヤーを募集しているという。
都市は最大15カ国まで可能で、応募者は自分でプランを考えることができるという。

1/25までネット上による一般投票、第一審査が行われ、
その結果の上位20位の人たちが面接によってさらに絞られ、最終的に1-3人が決まる。
めでたくバイヤーに決まった人たちは2月中旬より週一の研修。
え、って、私が帰国する頃じゃない。あれ、私、呼ばれてる?え?呼んでない??

張り切りました、ワタシ。
2日間かけて、youtube用のビデオを作り、懸命にプロフィールを練った。
残念なことにこのエキサイトブログはjavascriptを貼り付けることができないので、私のオリジナルバナーが貼れないんだけど、、リンクはこちら。

http://calamel.jp/buyer/?act=prof&byr_user_id=2579

投票は1日1人までできます。
もし良かったらというか、、投票をお願いします!

一生懸命作ったビデオも貼っちゃいます。
前半はろくに撮らなかった動画たちを引っ張り出して編集し、後半はカラメルにちなんだ内容で絞りました。
一番最後はヘナヘナな挨拶が付いてます^^;


[PR]

by mayupura | 2009-12-19 21:26 | 旅で思ふ。

どこに流されていくの?

今年もわずかですねぇ。
みなさま、何してお過ごしですか?

日本は師走の時で、なにかと世話しなく時が過ぎていることでしょう。
ここオーストラリアはさほどそんな気配は感じられず、相変わらずのんびりやってます。
どっちかと言うと、大イベントであるクリスマスに向けて浮き足立っている感じですがね。

私はというと、来週に控えたテストに向けて勉強を、、しないといけないなぁと思ってるところです。
まぁ残すところ学生生活もあと2週間。レベルがアップしようとしなかろうと、オーストラリアのこれらのサティフィケイトは将来そんなに役立たないとみなし、まぁ、せっかく学校で学んだんだからその総復習を兼ねての勉強と思ってます。

----
私のvisaもいよいよ2/22で切れる。
彼氏のvisaは3月はじめに切れ、家の最低滞在期間の半年も2月のはじめに切れる。
どれも似た時期だけど、一番早く切れる賃貸契約に合わせて日本に帰国する可能性が高くなってきた。

日本に帰る、私にとってちょいと重いその計画を考え始めるようになってきた。
オーストラリアのこののんびり感&無職ライフを楽しんでいる今、あの忙しくストレスに満ちた日本に帰るかと思うとちょっと。。。
けど、その反面、半年近く無職で過ごす毎日に飽きていて早く帰りたい自分もいる。
本物の日本食を食し、温泉に浸かり、、。はぁ、、素晴らしい。

家がない私らは逆に言うと、どこにでも行ける。
籍を入れれば彼氏、イギリス人が住める場所に私も住める。例えば、イギリスをはじめとするEU圏。
でもここで英語を母国語としている国はごくわずか。仕事をするまではいかなそう。
イギリス。ネットで彼氏の得意分野の仕事を検索してみると、「0」!!かなりの失業率でしょう、イギリスさん。
というわけで、前から考えていた日本。
なんだかんだいっても私も彼も日本が好きだし、日本は住むのが楽。
東南アジアのどこかに住みたいって夢もお互いにあったけど、思うような金額を稼げないこと、現地人に合わせる面倒さ(ふたりとも面倒くさがり屋デス)を考え、今の時点では保留。

振り返ると引越しや移動ばっかりしてるここ10年。
東京中野ー実家ー東京蒲田ー千葉浦安ー旅ー実家ー旅+イギリスー東京稲城ー旅ーオーストラリア。
かといって私はこういう生活を楽しんでるし、今すぐにマイホームが欲しいかっていうとそうでもない。

注目は東京。
なんだかんだと10年近くこの近辺に住んでいるし、ヘンな話だけど飽きた。
できれば日本でも自然豊かなところに住みたい。=シャンティー
そこででてきたのが宮崎。
前から目を付けていたんだけど、調べれば調べるほど魅力的。
友達から聞いた話によると、インドのゴアに似ているとか。インド帰りの旅人が住み始めることが多いとか。
私の知り合いにも何年も海外にいたあと、日本中を旅し、最終的に見つけた「日本でいちばん美しいところ」が宮崎だったという。

そこで早速賃貸を調べてみると、安~~い!シドニーの1週間分じゃぁないか!
さらに田舎に行くと、一軒家の賃貸も3万円とかである。
さらに仕事を検索。。。な~~い!!!
マッサージの仕事はあるにはあるけど、給料がなんかとても安い。高校生ぐらいの時の時給?苦笑い。
私はまだいい。日本人だから(当たり前)。彼の仕事探しはきっともっと難しいだろう。
沖縄とかはきっともっとひどいんだろうなと思う。宮崎は九州で島ではないから、輸送費もさほどかからないんだろうし。

宮崎にやや虜になってしまった今、東京or神奈川住まいを考えるのは容易じゃない、、、
まずは仕事でお金と思うと、しょうがない。
ん?しょうがない。
お金はないわけじゃない。私たちの生活レベルで考えると、宮崎でも生きていける。
自然の中で、のんびり、海も山もある中でのライフはとても魅力的。
そう思う。けど、彼氏の英語の先生になるっていう未来と、またいつ海外に旅するか分からない状況を考えるとやっぱり都心住まい?

さてさて、どうなるのやら。

どこに行くのかを決める楽しみ

流されるままに、どこかに流れる

どちらも楽しい。

じゃ、ま、いいっか。
[PR]

by mayupura | 2009-12-13 14:38 | オーストラリア

ゆるゆる安く英語を勉強しましょう~

こちら旅人のサイトですが・・・まぁ、関係ないとは言えない英語学習について今回は書きたいと思います。
私は決して英語がうまくないし、この方法で英語力が著しく伸びた!とか、何かの回し者とかで宣伝してるとかではないのだけご了承ください。

巷にはいろいろな英語方法があります。無限にと言っても過言ではないでしょう。
オーストラリアにいる私は英語を学ぶ機会が多い、それはそうかもしれません。
でも便利な世の中、インターネットを駆使すれば方法はいくらでもあります。

それにしても日本における英語教育って皆さんがおっしゃる通り、歪んでません??
英会話スクール、英語教材。いろ~んな勉強方法があって、いろ~んな選択があり、いろいろな宣伝があり、どれがいいのか、あれこれ。
日本ってやっぱあれですかね。宣伝に弱い?プロセスじゃなくて手段に頼り過ぎ??
よくは分かりませんが、まずはどんな風に勉強していくのか「考える」ことって重要だなって最近になって思います。
あとは、日本語訳に頼りすぎるのも良くないと思います。日本が作った教材はほとんど訳がついてくる。でも英語で理解できたなら日本語に直さなくてもいいはず。イメージから英語が出てくるのが理想?
なんせ英語と日本語なんてかなり違うんだから、いちいち日本語に直してなんかいられない!

とにかく、、英語学習に興味ある人がこれを読む可能性は低いと見て、、
まずは勝手ながら私がお勧めするサイト、本を紹介しちゃいます。

●いい感じ~


1、English Grammar in use
最近はほとんど開いていませんが、ここに来てからの前半のほとんどをこれで勉強しました。
日本人は文法ばかり勉強しがちと言われますが、私が考えるにはまずは文法くらい知らないと何も話せない!ということです。この一冊だけやるだけでもかなりのスタイルを覚えられると思います。全て英語なので、説明文から英語を理解しなければならないのがまた勉強ですね。

2、BBC Learning English
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/
General&Business EnglishとGrammar,Vocabulary&Pronunciationがお勧め。ほとんどが音声付き、たまに全文がテキスト化されていてかなり重宝です。私のサイトと違い更新度も高く、ニュースやら一般的なこと、英語の上達方法など種類も豊富。
私のお勧め、「6 Minute English」と「English Makeover」

3、Smart.fm
http://smart.fm/home
英語以外にもいろ~んな学習メニューがある。単語を勉強したい時にお勧め。正しい英語or日本語訳を選択したり、英語を直接書き入れていったり、単語を完璧に覚えるのに役立つ。できなかった単語は繰り返し出てくるところも憎いところ。
私のお勧め「まずは!TOEIC基礎・リーディングセクション」。他のコースと違い、実用的な単語が多い気がする。

4、英単語名人10000
http://www.perapera.co.jp/のフリーソフトより。
いかにも日本人が作った風のソフトですが、ルールが多いのでやりがいはあり。100段まであり、それぞれ試験に合格すると昇段できるようになってる。上を目指しているうちに、いつの間にか英単語が頭の中に入ってた?な~んてことになったらいいなと思いながら続けてます、私。

5、ELL リスニングサイト
http://ell.ojaru.jp/
音が悪いです。いや、でもネイティブが簡単な英語を話しているのでお勧めです。英文テキストありだし、簡単なテストもあって理解を深めるのに役立つ。話者の出身国別から選べるのも嬉しい。ちょっと物足りないかな?

●お勧めな感じ

○BBC World News For Children
http://www.bbc.co.uk/podcasts/series/wnc/
子供向けとは言えども難しい。最初は毎日聞いていましたが、あまりの理解のなさに今は休止中。
でもきっとかなりお勧めできるサイト。

○NHK ニュースで英会話
http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi
長すぎない複雑すぎないところがいいです。日本語訳も嬉しい。

●試していませんが、、

○英語発音UDA式30音でマスターする英会話
http://www.uda30.com/index.html
ほっとんど試していませんが、結構良さそうです。

○ライティング ソフトウェア
http://www.whitesmoke.com/landing_flash/ja
買うか悩みましたが、我が家には直してくれる人がいるのでやめました。。でもあったらかなり良さそう!


と、すみません!私が紹介しているのは無料サイトが多いです。
「ロゼッタストーン」やら「ユーキャンスピーク」の有料教材も欲しい。
(「英脳プログラム」「医師の勉強法」なども気になりましたが、なんとなく却下。)
でも、海外にいると送料が結構掛かってしまうんですよね。
買えない、となると、、必然的に無料サイトに頼ってしまう。。
でも思うんです。どんな条件だろうと、どんな教材だろうと、持続と努力が重要。
リスニング○Xとかよくありますが、あれだって聞いてるだけで英語が話せるとは思わない。
単語、文法、リスニング、ヒアリング、スピーキングのバランスがあってこその成長だと思います。
ってわけで、いろんな方法で試みてます。

単語→3、4
文法→1
リスニング、ヒアリング→2、5やその他ニュース
スピーキング→実際に英語で話す、または日記形式で英文を書く(かなり役立つと思われ)

そして、今行っている英語学校ですが、、、
今のところ、まあまあかな~ってところです。なんかここでの勉強は「勉強してる」といった軽い束縛感があります。勉強って楽しくしなきゃ続かないですよね~。
なんでしょうね、、時間の限られている身としては、勉強したいところだけ勉強したい。それにはやっぱりマンツーマン学習がいいんでしょうね。文法やら単語の勉強はひとりでもできる。となると学校へ行ったらやっぱり先生と話したい。悪いところを全部直して欲しい。=先生ともっともっと時間を取りたい、です。
ま、贅沢なこと言ってますが。

イギリス、アメリカ英語について
当たり前にアメリカ英語を義務教育で習ってきましたが、、この前あるサイトで女性のアメリカ英語を聞いていたら、、(アメリカ好きな方にはすみません)気分が悪くなりました。イギリス英語に慣れてしまった今、アメリカンが全然心地よくないのです。あの舌足らずのような、妙なアクセントは分かりにくく難しい。
それでBBCばかりを使ってます。それにオージーもこっち派ですしね。
私の辞書、日本が作った英語教材の大部分はアメリカ英語!なぜなのでしょう??
彼氏がよく言います。「このセンテンスはイギリスでは使わない」って。
穏やかになって考えると、まぁ、両方に慣れるのが一番なんでしょうね^^ だって日本にいるアメリカ人は多いし、観たい映画のほとんどはアメリカ製ですし。

口の動かし方。
英語ってリラックス口調。日本語とは違ってひとつひとつをはっきり言わないから、口元の緊張をゆるめて、まるで酔っ払い?だらしない人になったぐらいに喋るといいみたい。
(彼氏との会話で個人的に学んだこと)

最後に、、
世界で一番日本語発音が英語と反対だと聞きます。
が、本当?!と思ってしまう。
学校に通ってて思うことそれは、タイ人のアクセントの悪さといったら!(タイ好きな方ごめんなさい)
それはそうでしょう。声調が5種類でしたっけ?あるし、個性ありすぎる、タイ語。
そしてまたタイ人は日本人の英語の理解が難しいようですが!!

それではまた!
幻の投稿でした。
[PR]

by mayupura | 2009-12-04 22:14 | 旅で思ふ。