ソフィアはもう夏。

今朝、ブルガリアに戻ってきた。
いつもの宿、シスターズに入っていくとまたまた同じ顔ぶれ(笑)
イスタンのtreeにいた人がいっぱいいる。・・・さらに、
せかたびのご夫婦がいるではありませんかー!!
すごいうれしい。
最近、ネット上での知り合いに会えることが多い。
同じ繋がりだけに突然の出会いは嬉しい!
おふたりとも、のんびり派でとってもいい人だ。

ソフィアは今日、夏。
イスタンも昨日夏のようだったけど、こちらは昨日は大雨だったらしい。
昨日とはうって変わってとても暖かい。半袖でも全然平気。
もう北半球は夏だなぁ・・・

そういえば、昨日の国境越えは大変だった。
国境での待ち時間はいつも2時間だったけど、今回はなんと4時間!
実はブルガリアに入国するのは3度目なのでした・・
昨日はICチップの入った新パスポートだったからなのか、いつもの厳し~いパスポートチェックはなかった。けど、その代わりに荷物チェックが異常だった。
バスの車体をチェックするのに30分強、全員の荷物チェックにも30分ぐらい。
待ち時間も合わせたらトータルで1時間半ぐらいは外に出されていたかも。
ふー、だ。
とにかく効率が悪い気がする。テロ防止には役立つのかもしれないけど、それにしても機械を一つ導入するだけで時間も省けるし、人件費がかからないのに・・・。いつもいつも待たされるブルガリアの国境なのでした。

逆にトルコに入るときの荷物検査もすごかった。
私のバスは免れたけど、隣に停まっていたバスはかなり念入りにチェックされてた。デューティーフリーで買ったお酒類などから普通に吸っているタバコまで、なんと捨てられてた。男の人に対しては特に半暴力的で怖かった。
もしかして、本当にブルガリア対トルコって関係悪いのかな・・・?
一応イスラム国のトルコと、女性もタバコやお酒を昼間からやるブルガリアではお隣同士とは言え、文化が全く異なる気がする。
[PR]

# by mayupura | 2006-05-17 06:14 | ヨーロッパ

トルコ(turkey)


国名:トルコ(turkey)
訪れた場所(特に楽しかった所は太文字):ドウバヤズット、スィワス、アンタルヤ(日食パーティー、オリンポス、レインボー・ギャザリング含む)、イスタンブール
期間:2006.03.14~05.02 / 05.11-05.17
レート:1YTL=91.0円
感想:日食は今まで見た何よりも凄かった!No.1!そのお陰かトルコでの滞在はとても楽しいものだった。どちらかと言うと沈没系でのんびり過ごす日々が続いた。人も温かく、居心地は今まで訪れた国の中でもGOOD。




満足度(評価)は幸運の7段階♪
結論!   ★★★★★☆☆    快適度   ★★★★★☆☆
人      ★★★★★☆☆    料理    ★★★★★★★
おもしろさ ★★★★☆☆☆    物価    ★★★☆☆☆☆
清潔さ   ★★★★★★☆    見所    ★★★☆☆☆☆

data

■移動
イスタンブール21:00→ソフィア(ブルガリア)8:00 バス25リラ・・・国境での荷物検査が4時間にまで及んだため、多少の遅れあり。
■宿
イスタンブール Tree of Life ドミ5euro・・・。日本人率90%の宿。全室ドミで一応男女別。管理人さんが日本人なので何でも相談できる。夜ご飯は毎晩のように皆でシェア。日本料理も食べれたり結構、贅沢!
■使ったお金
648リラ=52,500円 一日平均3,500円 ※パスポートの更新代含む。

[PR]

# by mayupura | 2006-05-15 22:16 | 中東

恨みます、ATM機。

ドッヒヤ~~~!
やってしまった!

ある日のこと、シティバンクがあったのでお金を引き出そうとした時のこと。
まずは言葉は英語を選び、暗証番号を入れてからOKボタンを押し、、、あ、あれ・・・。手が、手が滑った。と思った時には既に遅し。大量のお金をカウントするような音が聞こえたかと思うと、ドーンとなんと480リラの大金が出て来てしまったのだ。え~!そんなはずじゃ~!

そう、手が滑ったんです。と謝ってもすまないことがこの世のなかにはある。手が滑った行き先は指定できる金額の最大額であり、運悪くもそれを選択してしまったのだ。お金を選択した後に「本当にOK?」と親切な問い合わせがなかったのだ。いつもはそういう類の質問には「ケッ」と言わんばかりの対応をしている私も、今後を改める必要性に駆られるのであった・・・。

唯一の望みは窓口のお姉さん。
間違えて引き出してしまったことを伝え、入金はできるか?と聞いてみた。日本なら間違いなく入金できたであろう。でもここはトルコ、親切な人だけど何もできないと言われてしまった。えーん。
そもそもはユーロを下ろしたかったのだし、その日のうちにトルコを出る予定でもあった。こんなトルコの大金を持っていても本当ににどうしようもない!

悪い運は続くものである。
昨日まで1ユーロが1.7リラぐらいだったのが、今日になって突然1.9に上がりだしたのだ。思いっきりリラ安なのである。でももうチェックアウトもしていたので仕方なくノン・コミッションの両替屋に行き、泣く泣くユーロに換えてもらったというわけだ。

お金はいつもATMから引き出しているだけに「両替屋」に行くと、頭が混乱するオツムの弱い私を再発見。ATMはまあ、要するに全てが自動なのだ。そこで失敗する輩もいるようだけど、ATM使いはその国のレートさえ分かっていれば何とか旅は出来るのだ。売りと買い、そしてその瞬間にどうすべきかという瞬時に計算できるオツムが私にはなかった!

とにかく、ユーロが強くなっている国で再び現地通貨に両替しようと決心。でもなんでこんな時にリラ安いなんだ~~~(泣)
[PR]

# by mayupura | 2006-05-15 19:34 | 中東

イスタンブール再沈没?

久しぶりに戻ってきた気がする。

オスマントルコ風のモスクも、いかついトルコ人も懐かしい。トルコは長くい過ぎて時々嫌になっていたものだが、離れてみるとその良さに気づく。うん、トルコもいい。

でも悪天候は相変わらずだ。雨もしくは曇り。夜は今だに冷え込むし、何だか冴えない感じだ。
[PR]

# by mayupura | 2006-05-14 20:37 | 中東