ブログトップ

せかい旅をした時の記録。そして、内に帰る、還る、”カエル”をキーワードにしたタイ古式・ヨガのサロンの綴り。トータル的に元気になるお手伝いをします★一緒に変えるコト、トランジションしましょう♪
by mayupura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

白夜。

今まで訪れた場所での最北端はヘルシンキだけど、ここでは日帰りをして夜はいなかったので、ここ、サンクト・ペテルブルグが最北の地となる。夏といえば白夜だ。夏至も過ぎ、日はみじかくなっているものの夜時間はとてつもなく長い。0時になってもまだ明るい。1時頃になってようやく暗くなるという奇妙ぶりだ。夜と言っても完全に暗くなるわけではなく、深い青色だ。朝は3~4時頃。ロシアに入国した深夜でも国境越えあたりに暗くなって、入国してすぐに朝がやって来たのだからびっくりだ。

日本に比べれば驚異的な世界。でも私はポーランドあたりからゆっくり北上して来たのでまだ平気。明るくても昼まで爆睡しているし(笑)。ただやっぱり夜の過ごし方が変わる。夜ご飯は夜11時が当たり前だし、宿に帰って来るのも遅い。夜講演のバレエを観て、ゆっくり帰ってきてもまだ夕方並み、いやそれよりも明るいのだ。時間が後ろへと移行していくようだ。昼が長いというのはそれだけ外出できるのでいい。
早朝着いてもいいし、夜遅くに到着しても危険な匂いはない。子供だって長居できる。危険な状況は暗闇で作られる、、それはとっても納得なのだ。

 

左上から22:30、0:00、0:30の空。
[PR]
by mayupura | 2006-07-14 00:41 | ヨーロッパ
<< 道は果てしなく続く。 北のヴェニスと呼ばれるロシアの街。 >>


リンク
トータル・リラクゼーションkaeru

トータル・リラクゼーションkaeru LINE@
友だち追加

たびの写真まゆぷら

世界ぷらぷら

ボンカサ・バリ BonGKaSa BALI
カテゴリ
最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧