ブログトップ

せかい旅をした時の記録。そして、内に帰る、還る、”カエル”をキーワードにしたタイ古式・ヨガのサロンの綴り。トータル的に元気になるお手伝いをします★一緒に変えるコト、トランジションしましょう♪
by mayupura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ソフィアの街並み。

イスタンブールからの国際バスに乗った。行き先はブルガリアの首都ソフィア。
何がイヤって入国の手続き待ち。今までアジアを旅してきたけど、こんなに待たされたのは初めて!ここはロシアか?って思っちゃうぐらいに厳しいのだ。まずはバスを降ろされ、日本人は後回しにされる。
要するに中国人が日本人になりすまして偽造パスポートで入国しようかとしていないかとチェックしているのだ。パスポートを虫眼鏡で念入りにチェックすること1人20分ぐらい。私たち日本人は5人もいたので、かなりの時間を待たされた。気付けば朝の3時だ。眠い上に寒い。国境はたいてい寒いのだ。僻地にあることが多いためか。ううう、早くしてぇ。せっかくのヨーロッパINなのに、これじゃイメージが悪くなる!

けっこう、早くソフィアに着いた。
目指す宿は日本人宿「sisters」。でも噂によるとベッドは11人が定員。でも私たちは5人もいる。泊まれるのかどうか・・・
チャイムを鳴らし、中に入ると、管理人さんの代わりに世話をしてくれる某日本人が出てきてくれた。ベッドはタイミング良く5つ空くという。ラッキー。
中はとてもきれいで清潔。コンパクトだけどキッチンもあるし、フリーインターネットのサービスもある。スバラシイ。

ソフィアはソフィア正教が息づくところだ。
至るところに教会があり、街並みはすっかりヨーロピアンだ。古く赴きのある建物が威厳をはらっており、私の気分もヨーロピアン♪だ。イスタンブール頃からすでにヨーロッパ風になってはいるものの、やっぱり本場は違う(?)。
教会内部は精妙に描かれた壁画で埋め尽くされ、黒ずんだ重々しい雰囲気が新鮮だ。教会は今まで何箇所か見てきたが、やっぱり国ごとに雰囲気は異なる。

気付くとトルコとブルガリアを比べてた。
やっぱりトルコ人はフレンドリーだ。町の全体的な雰囲気も、人の気質も異なる。はっきり言ってブルガリアは陰気だ。でも、トルコ人みたいに観光ヅレしていないし、しつこい人も皆無だ。楽だ。でも、しばらくいたトルコを抜けると、ブルガリアは冷たい気がしてならない。トルコも離れてみると、良い国だったなぁと思えるのだ。
だからと言ってブルガリアが悪いわけではない。物価は驚くほど安いし、居心地は決して悪くない。しばらく長期滞在してみたいなぁと思えるような国なのだ。うんうん、ブルガリアもスバラシイ。

ブルガリアの民族衣装。
[PR]
# by mayupura | 2006-05-04 08:10 | ヨーロッパ

トルコを出るー

思ったより、戸籍謄本が届くのが早かったため、明日(5/2)にはブルガリアへ入れる!受取は5/11ごろにイスタンブールに戻るので、10日間ほどブルガリアを回ってみようと思う。ああ、久しぶりの出国(笑)。



アンタルヤで見た日食。
[PR]
# by mayupura | 2006-05-02 22:15 | 中東

イスタンブール情報

●パスポートの更新

イスタンブールの領事館にて1週間待ちで発給。詳細は以下の通り。

1、自宅より戸籍謄本(戸籍抄本でも可)を送ってもらう。クロネコヤマトもしくはセブンイレブンにて国際便(UPS)で出せば、土日をはさんでも3~4日で届く。私は泊まっていたホテル(Tree Of Life)に届けてもらった。
2、領事館に出向き、申請。持参するものは戸籍謄本、古いパスポート、既定サイズの写真1枚。渡される書類に記入するだけ。実家以外の緊急連絡先(住所と電話番号)が必要なので注意。
3、1週間後に受取。(月曜申請なら月曜受取)受取の時にお金は払う。5年用は134リラ、10年用は195リラ。
※現在、世界的にICチップのパスポートに変わった。(アメリカ入国の際に必要となる。)よって、古い型のパスポートは作れなくなった。
※通常は申請の際にパスポートは預けるが、私は申請中にブルガリアへ行く予定があったので、預けなくても良くなった。受取の際に渡せばOKとのこと。
※おまけ。領事館へはバスー地下鉄で行くが、帰りはバス(アクサライ行き)に乗ればアクサライ駅付近まで連れてってもらえる。少しの節約♪
[PR]
# by mayupura | 2006-05-01 21:58 | 中東

イスタンブールでの怠惰な日々

パスポートの更新待ち。
旅に出てから1年半も経った。そして、初めての海外旅行に出てから10年経った。青い5年パスポートは3度目の更新をしなければならない。

海外でする更新には戸籍謄本が必要となる。親に国際電話をし、必要書類を送ってもらえるように頼む。また、さらには海外保険も切れるころなので、その更新をも頼む。かなり面倒臭い。案の定、親には早く帰って来いとは言われるし。
そう、そうなのだ。一度日本に帰れば楽なのに・・・。

それらの更新作業以外に、タカと別れる(リセット)として一時帰国も悪くない。イスタンブールという旅の拠点にいるのも良い理由だ。(飛行機は往復で10万円しないぐらい)
でも、決心が鈍るのだ。
そう、一度帰って旅のテンションを下げるのが嫌なのだ。
また、アジア横断しかしていない身で帰るのも怖い。ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米。行きたい場所はまだまだたくさんあるのに、アジアだけで帰るのは後々の旅が厳しくなるので嫌なのだ。せめてヨーロッパぐらい回ってから帰りたい。

宿は日本人宿「Tree Of Life」。
マンガや小説、そして嬉しいことに地球の歩き方など暇つぶしになるものが大量に揃っている。情報ノートにゲーム、そして夜のシェア飯!夜飯は作りたい人が、泊まっている人分の料理を作る。中にはイタリアンシェフなどもいて、普通では食べれないような絶妙な味の料理を作ってくれる。200円弱で食べれてしまうのがスバラシイ。
宿泊客はほぼ日本人なので気楽に過ごせるのもありがたい。ここまで来て集まる必要はないかのようにも感じられるけど、日本食に日本語で過ごす沈没の日々は捨てがたい魅力があるのだ!

いちお、観光はした。
トプカプ宮殿にブルーモスク。どれも素晴らしいものなのかもしれないけど、私はどうしてもイランと比べてしまう。さすがに古代ペルシャ文化にはかなわない。壁の模様の複雑さはイランの方がずっとずっと上だし、トルコのそれは威厳が足りていないかのように感じられる。
特にトプカプはトルコ人や日本人の団体ツアー客がたぁくさんいて、これまた窮屈だった。まるで日本で日曜日の美術館に来てしまったかのようなノリなのだ。

話は戻って、戸籍謄本が届き次第ブルガリアのソフィアを目指す。ここでパスポートの更新をする予定だ。それが終わり次第、イスタンブールに戻ってくる。ああ、早く面倒な作業を終えたいな。
[PR]
# by mayupura | 2006-05-01 05:16 | 中東


リンク
トータル・リラクゼーションkaeru

トータル・リラクゼーションkaeru LINE@
友だち追加

たびの写真まゆぷら

世界ぷらぷら

ボンカサ・バリ BonGKaSa BALI
カテゴリ
最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧